ここから本文です

レンジャーズ 特・殊・部・隊 (1999)

RANGERS

監督
ジェイ・アンドリュース
  • みたいムービー 0
  • みたログ 10

2.67 / 評価:3件

☆レンジャーズ 特・殊・部・隊☆

  • toy******** さん
  • 2007年11月29日 19時50分
  • 閲覧数 269
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

米陸軍の特殊部隊(レンジャーズ)が、テロリスト集団と戦ううち、意外な事実を知る~
それは作戦を実行するために、中東某国に侵入した米陸軍の特殊部隊(レンジャーズ)が、テロリストのリーダーのハダド拉致には成功する。しかし仲間の部下2名は死亡し、1人は敵の人質になったビンス・シャノン(グレン・プラマー)だった……

大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)は、CIA幹部に人質の救出を申し出るが、応じず逆に昇進の話しをする。(^_-)-☆
CIA幹部は、敵側との取引に、米陸軍の特殊部隊(レンジャーズ)を囮に使わされる。
その事に不信感を抱いた大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)は、昇進の話しを断る!!

一方テロリストに捕らえられたビンス・シャノン(グレン・プラマー)は、リーダーのハダドの奪還に、ビンス・シャノン(グレン・プラマー)を、仲間に入れる事で彼と取引をする。(^。^)
話しに乗ったビンス・シャノン(グレン・プラマー)は、表面上は金が目的であるかのように装い、その実仲間に真相を知らせたい気持ちがあった……
テロリストの思惑とは裏腹に、表面上仲間の米陸軍の特殊部隊(レンジャーズ)を標的にする。(>_<)
ビンス・シャノン(グレン・プラマー)は、スミス将軍の自宅を訪れ、彼の口から真相を聞く。【米兵を殺せば!中東の平和にも役立つ!安全保障の問題だ!米陸軍の特殊部隊(レンジャーズ)は、死ぬのが目的だ!】と話す。ビンス・シャノン(グレン・プラマー)は、自宅を爆破させ逃げる~★
そして大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)の妻を誘拐し、彼の身の安全を図るが、大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)には、理解されず、逆に追う立場になる。(-_-;)

大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)の妻に、事の真相を話し裏切りではない事を話す!!

テロリスト集団とCIAと米陸軍の特殊部隊(レンジャーズ)との間の銃撃戦は、見所がある!!
そしてCIAの関与を認めた幹部とテロリストのリーダーのハダドを倒す!!

ビンス・シャノン(グレン・プラマー)は、バスを乗っ取り逃げる~★
それを追うためバスを乗っ取る大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)の胸中に去来した物は難だったのだろうか!?
大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)のバスは転倒し、ビンス・シャノン(グレン・プラマー)のバスは列車に衝突し倒れる(^0_0^)

大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)は【少し遣り過ぎたな!】と言葉を掛け
ビンス・シャノン(グレン・プラマー)も頷く。何か男の友情が滲み出ていて良かった♪

ラストで大尉スコット・フロートン(マット・マッコイ)は、証言を済ませたとフラッドフォード議員に新聞を渡す→そこには【CIAの陰謀に加担したフラッドフォード議員】
の記事が一面に書かれていて、今までのモヤモヤが吹っ飛んだように、気持ちが良かった!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ