ここから本文です

山の郵便配達 (1999)

那山 那人 那狗/POSTMEN IN THE MOUTAINS

監督
フォ・ジェンチイ
  • みたいムービー 173
  • みたログ 738

3.92 / 評価:204件

淡々と始まり淡々と終わる。ただただ淡々。

  • taka さん
  • 2017年1月4日 21時06分
  • 閲覧数 1344
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

80年代の中国の山村を舞台に郵便配達員の父とその仕事を引き継ぐ息子の交流を描く。午前10時の映画祭にて鑑賞。

過去の投稿に「メールが便利な時代にこんな映画を造る奴って何となく古き善き時代みたいな、不便さや厳しい自然をなんか修行みたいに有り難がる老害世代なんだと思うわ」ってのがあったけど、そもそも舞台は80年代。メール全盛時代ではない。それにこの作品の主題は「郵便配達」ではない。父と子の交流である。実際に映画を観たらわかるとはずなんだが、あらすじを読んだだけで投稿する人ならそう感じても仕方ないだろう。
交流の背景は郵便配達でなくてもかまわない。「食材の買い出し」でも「大工仕事の技術の伝承」でもいいのだ。

ただ、製作された当時の中国映画によくあるように、とにかく淡々としていてテンポも遅い。
美しい風景が続くので視覚的には新鮮だが、風景を見たくて劇場に来たわけではないので退屈は避けられない。
しかも途中で英語の歌詞の歌が挿入される。
ラジオから流れてくる曲なんだけど、これ英語曲の必要あるのか?

作品としては、可もなく不可もなくというところか。
期待していただけに少々残念。
2017年最初の鑑賞としては物足りなかった。

パンフは販売されていない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ