ダンサー・イン・ザ・ダーク

DANCER IN THE DARK

PG12140
ダンサー・イン・ザ・ダーク
3.4

/ 2,274

26%
27%
23%
11%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(748件)

絶望的22.5%悲しい21.0%切ない15.6%泣ける13.4%恐怖6.0%

  • rozan901

    1.0

    ネタバレショーシャンクと真逆の映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • takamath

    4.0

    バッドエンドの極北

    後味の悪いバッドエンドの作品で有名だが、本当に後味が悪かった。 部屋でDVDとかで1人で観てたら、どうしようもなく嫌な気分になってしまうと思うので、4Kリマスターの復活上映としてスクリーンで観れて良かった。 ストーリーはスゴく良い。 だけどミュージカル仕立てだったり、My Favorite Thingsという明るめの曲がメインになってるので、不幸な話がとことん不幸に観えてしまう。 そして最後のシーンでは、さらにドン底の不幸な気分に突き落とされる。 これは自分が観た映画の作品中でも、最も嫌な吐き気さえ催しそうな場面の一つだった。 でも、観た方が良かったか、不幸すぎて観ない方が良かったか、と言われたら俄然観て良かった、と思う。 現実の厳しさを思い知らせてくれる。 この作品を見た直後、翌日、数年後など振り返った時など、それぞれのタイミングでこの作品の評価、メッセージの捉え方が違ってくる、ような気がする。 ビョークの歌声は、言うまでもなく素晴らしい。 20220605 立川シネマシティ極音上映

  • sta********

    3.0

    二度と観たくはない。

    評価されるだけの理由がある作品と思いますが、見ない選択をした方がいいです。

  • rol********

    5.0

    目の見えなくなった主人公に対して

    休日に映画館まで足を運んで金を払って観に来ている客の、誰一人として感情移入を許さず、「ああ可哀想」だの「胸糞悪い」などという典型的な感想を引き出すことにより、主人公を見殺しにしていった取り巻きの住民たちと客を同一化して自己批判させることを強いる映画であり、それはそのまま勝者だけが富と幸福を得られる資本主義社会、今も全く変わっていないアメリカ社会への反語たり得たのではなかったか

  • やふたろう

    1.0

    あーあ

    彼女の最後をそこまでリアルに描写しないといけないのか こっちの精神がやられそうだわ

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第53回

パルム・ドール女優賞

基本情報


タイトル
ダンサー・イン・ザ・ダーク

原題
DANCER IN THE DARK

上映時間

製作国
デンマーク

製作年度

公開日
-