レビュー一覧に戻る
ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク

DANCER IN THE DARK

PG12140

rol********

5.0

目の見えなくなった主人公に対して

休日に映画館まで足を運んで金を払って観に来ている客の、誰一人として感情移入を許さず、「ああ可哀想」だの「胸糞悪い」などという典型的な感想を引き出すことにより、主人公を見殺しにしていった取り巻きの住民たちと客を同一化して自己批判させることを強いる映画であり、それはそのまま勝者だけが富と幸福を得られる資本主義社会、今も全く変わっていないアメリカ社会への反語たり得たのではなかったか

閲覧数901