ここから本文です

天国までの百マイル (2000)

監督
早川喜貴
  • みたいムービー 20
  • みたログ 138

3.75 / 評価:40件

愛することが幸せ

  • missingpiece21 さん
  • 2012年11月11日 1時04分
  • 閲覧数 1903
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

八千草薫演じる母親が、「母親の愛というのはこういうものなんだな」というのを見事に演じてくれていました。一つ一つのセリフに限りない愛情を感じます。
また、大竹しのぶ演じる愛人の最後の電話のセリフ、本妻との回想場面は感動しました。人を愛するっ事ってすごいことだなと思いました。これまた名女優だなとあらためて思いました。
筧利夫、柄本明、それぞれに見事なキャラクターを演じ、それぞれに人を思いやる気持ちが溢れていました。通りすがりの食堂のお客さん達も、思いやりに溢れていました。
それぞれの登場人物が、それぞれに人を愛している姿が見られました。
何より挿入歌の「500マイルも離れて」がとても効果的。映画に優しく朗らかな雰囲気を加味していきます。
地味ですが、とてもいい作品です。母が高齢になってきた、もしくは亡くした経験のある方なら、その味がよりしみじみと分かる作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ