ここから本文です

決戦・紫禁城 (2000)

決戦紫禁之城/THE DUEL

監督
アンドリュー・ラウ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 56

3.33 / 評価:18件

武道を極めた男たちの熱いドラマ…ではない

  • ミリ さん
  • 2008年3月25日 23時41分
  • 閲覧数 314
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

もちろんヴィッキー・チャオ目当てで見ました。
この作品ではついにまともなヒロイン(皇帝の妹)を演じています!!!
ていうかこっちのほうが昔の作品なんだけど…。

でもなんでしょうか、いまいち物足りないのは…。
最初に出会った少林サッカーの特殊メイク顔が一番ドキドキしたかもしれない。

それはさておき、

物語は最強の剣の使い手アンディ・ラウとイーキン・チェンが紫禁城の上で決闘するというもの。そこにいたるまでは紆余曲折あるんですが、話のメインはそれだけ。
でもこの二人がかっこよくて絵になるので許せてしまう、そんな映画です。
格闘シーンはドラゴンボールばりに二人が高速で動くので何が起きているかはわかりづらく、戦っているというよりは、演舞のようですが、かっこいい雰囲気は感じられます。

イーキン・チェンはどこかで見たことあるなぁ、と思ったらこないだ見たばっかりの「ヴィッキー・チャオの マイ・ドリーム・ガール」でヴィッキーと共演していましたね。

真面目な作品だと思っていたんですが、意外とお馬鹿要素が入ってます。
僕の好きな映画のパターンに
「前半コミカル、後半真面目に感動!」
というのがあるんですが、この作品は
「前半おふざけ&下ネタ、後半微妙な真剣さ」でした。

アンディ・ラウはお気に入りの俳優さんですが、
この微妙なストーリーを真剣に演じている彼の演技が浮いて見えちゃうのが悲しかったです。

武道を極めた男たちの熱いドラマが見た~い。

と期待されている方は、この作品の微妙なストーリーに「肩透かし」という名の不意打ちを食らうこと間違いなし!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ