ここから本文です

アメリカン・サイコ (2000)

AMERICAN PSYCHO

監督
メアリー・ハロン
  • みたいムービー 161
  • みたログ 1,388

3.33 / 評価:500件

今の日本はベイトマンを笑えない

  • kur***** さん
  • 2011年10月21日 22時38分
  • 閲覧数 1132
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

最後のオチにはいろんな考えがあるようですが自分は全てではないかと!本当の殺人や妄想説やかかわりたくない説!。ベイトマン自身が殺したのは犬ずれのホームレスとストリッパーだけ、あとの殺人は妄想と現実がごっちゃになりベイトマン自身もどれが妄想で現実かわかっていないし気づいてないしポールアレン殺しも妄想であの人物が本当にポールアレンかも怪しい。名前を間違えると言うがベイトマン自身が名前や人違いをしていない確証はない。弁護士への告白は本当だけど最後に酒場にいたあの男が顧問弁護士だと言う確証はないし自分が顧問弁護士だとは言ってはいない……。最後にベイトマンが言っていた(中身なんてどうでもいい)の言葉がこの作品の全てを語っているではないかと

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ