ここから本文です

RED SHADOW 赤影 (2001)

監督
中野裕之
  • みたいムービー 10
  • みたログ 703

2.22 / 評価:116件

東映創立50周年記念作品!

  • mr_***** さん
  • 2019年5月22日 9時01分
  • 閲覧数 761
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

東映創立50周年記念作品だそうです・・・。

いやぁ~驚きましたね。
この映画って、プロの作品でしょうか?
東映なら実績もあるし、才能ある監督、脚本家もいっぱいいるんじゃないですかね。
それなのに、こんなお粗末な映画を作って恥ずかしくないのでしょうか?
18年も前の映画になるけど、映画は何十年たっても鑑賞され、批評されるものです。 過去の汚点、で済まされるものではありません。
事実、最近でも時代劇専門チャンネルで放送されたようです。

監督、脚本家も今はともかく、当時はそれほど実績のある方ではなかったようです。
音楽もひどい。調子外れの単調なリズムを背景でたれ流す。
もちろん、才能のある人たちにチャンスを与えることは悪いことではない。
ハリウッドでも新人に大作を任せて大成功することはよくある。
しかし、この映画はまったくの失敗作ですね。
内容は、センスの無い、悪ふざけのレベル。
一番悪いのは脚本なんだろうけど、豪華出演陣も全然やる気無し・・・。
ほぼしろうと監督にお粗末な脚本! 
普通なら、やる気でませんよ・・・。
ただ、藤井フミヤさんだけは、はりきってました!(笑)

ロシアの元体操選手(?)が忍者になって出てきたり、ひどすぎる。
そういえば、冒頭の布袋寅泰もワケわからん! ギター侍か?(笑)
コメディと悪ふざけは違います。

自分が過去に観た映画のなかで、ワースト3にランクすること間違いなし!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ