ここから本文です

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS (2000)

監督
本広克行
  • みたいムービー 105
  • みたログ 1,803

3.74 / 評価:397件

映画って何?

  • air******** さん
  • 2021年2月12日 18時04分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

題材が良く心温まるファンタジー映画だと思ったんですが。
全部「セリフ」
そういう物語なのはわかるんですが、心打つシーンも言葉にしちゃったら、しらけてしらけて。
それなら朗読劇で良くない?
映画なら、映像で主人公の心の叫びを表して欲しかった。
これで感動できる人は、心底うらやましいです。
映像も使い古しの桜のシーンになんか変なフィルターかけたりして、アニメにも寄れない、映画にもならない。
好きな人はごめんなさい。
TVドラマやアニメの弊害でセリフを多用してしまう映画を映画と思っていない古い映画ファンのひとりごとでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ