ここから本文です

チキンラン (2000)

CHICKEN RUN

監督
ピーター・ロード
ニック・パーク
  • みたいムービー 24
  • みたログ 378

3.46 / 評価:79件

なかなかダークな鶏の大脱走

  • Shoko さん
  • 2020年4月16日 0時37分
  • 閲覧数 221
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ」(2005)をたまたまみて、遅ればせながらクレイアニメーションのニック・パークさんの映画作りのセンスのファンになり、他の作品も機会があればみることにしました。

今回オーストラリアのケーブルテレビのキッズチャンネルで発見したのは「チキンラン」(2000年)。なんと20年も前の作品とはねぇ〜。

ストーリーのベースは養鶏場での鶏たちの「大脱走」。
あのスティーブ・マックィーンのね。
曲までちょっと似てる。

鶏なのに飛んで逃げようと計画して、その飛ぶためのトレーニング部分がちょっと長くて飽きそうになったけど、そこからさらに残酷な展開になって、え〜子供向きじゃないの、って。
でも養鶏場というのは鶏の立場になってみれば、残酷な場所ともいえるしね。
「ベイブ」も子豚が逃げ出す話だったけれど、こちらはなんだかもっと直接的に感じたなぁ。ダークです!

でも鶏さんが食用になるのは私たちにとって日常的なことだしねぇ。
ニックさんは特にベジタリアンというわけではないようだけど、子供達に命に感謝する気持ちをもってもらいたいという意図もあるのかな。

というわけでいったいどうなっちゃうの、という気持ちで後半は目が離せませんでしたが、子供も安心のハッピーエンドに。あ〜よかった。

クレイアニメーションの完成度の高さはお墨付きです。
でも「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ」のようにほのぼの〜うふふ〜と心から楽しめたか、っていうとちょっとテーマが微妙だったので、三つ星半。
でもこの映画を出発点に、その5年後にアカデミー賞を受賞する素晴らしい作品が完成されたのでしょう。

声優陣にメル・ギブソン、イメルダ・スタウントン、ティモシー・スポールが参加しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ