映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
4.5

/ 1,583

70%
18%
6%
2%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(576件)


  • unc********

    5.0

    走れー!!

    しんちゃんの、走るシーンは、思わず応援したくなります。 「スナック カスカビアン」での、5人のやり取りには、微笑ましくて、笑っちゃいます。

  • たー

    5.0

    ネタバレ夕方の匂い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 超高校級の絶望

    5.0

    映画の良さを感じるには

    じっくりと見なければこの映画の良さはわからないと思います。 なぜひろしは子供に戻っていたのかなどは考えればわかる通り、それはあくまでひろしの主観で描かれており、しんのすけはきっとひろしはひろしとして見えていたのではないかと。 題材として「オトナ」「昭和」「ノスタルジー」というものが挙げられますが、これらの要素を上手く表現できていると思います。 精神が子供に戻ることの不気味さも怖かった。 そして、つまらん人生だったという捨て台詞。 これは関わりがあるなし、ではなく「昭和」ではなく未来を生きようとするひろしを見て言ったんだと。 じきに匂いに包まれて、今のひろしは消える。 自分に賛同しなく、未来を生きるつまらない人間だとケンは思ったんでしょう。 この映画の良さは流し見などではなく、じっくり、何度も見てから良さを感じるものだと思います。

  • ぴーなっつ

    5.0

    アニメ映画史上最高傑作

    正直、この映画に星1やら星2やら付けている人はただの逆張りだと思ってしまう。そのくらいの神映画。

  • hpk********

    5.0

    最高の映画

    この作品の価値が分からず、星1の低評価にしてるやつは映画レビューする資格のない頭悪いクソ笑

  • 5.0

    そして現在を生きる

    人間たまに過去を振り返り純粋な気持ちになるのも良いのでしょう。心が洗われると思います。そして現在を生きる。 過去を振り返るのは現在を力強く生きる糧にするため程度にとどめておくのが重要って事ですかな。 それにしても夕焼けは何故にあんな風に懐かしい気持ちにさせるのでありましょうか。

  • ぱやお

    5.0

    懐かしい気持ちに胸が苦しくなる

    クレヨンしんちゃんの映画は泣けるって聞いたことがあったけど今回初めて観ました。 昭和の匂いにノスタルジックな感情を抱き子供時代に戻る大人たち。 時代に合わせて変化する必要はあるけど、変わらずにいられたら、ずっと子供のままでいられたらいいのにって思うこと…一度くらいあるよね。 ひろしの回想シーンとしんちゃんが走ってるシーンはウルっときた。守りたいものがあるっていいなって思った。 懐かしいきもちってなんでこんなに胸が締め付けられるんだろう。ずっと忘れていたものも、匂いを嗅ぐと一瞬で思い出す。 過去に生きることは出来ないけど だからこそ過去は特別なもの。 大人が楽しめる映画だと思いました。 しんちゃんって立ち回りとか上手いし頭いいよね。笑 可愛いし♡

  • gun********

    5.0

    過去に生きることはできない

    昔はクレヨンしんちゃんといえば、しんのすけ目線で見る作品で自分も子供だった...もしくは若かった。 誰しも楽しくて、つらくて、頑張ったかけがえのない人生を歩んできたはず。 そう言った時期も過ぎて、いつかは変わらないといけない。 いつの間にかしんのすけ目線ではなく、ヒロシやミサエ目線の立場になっていたんだね。 変わるってことは辛いことだけじゃないし豊かにもなる。 だけど変わってはいけないところもあるんだろうなと当たり前のことを分かりやすく実感した作品でした。 出てくる言葉やテイスト、音楽のセンスが全て大人向けに感じました。 お子様と見ても大人が楽しめる作品です。

  • バジオウ

    5.0

    ネタバレ全てのクレヨンしんちゃんを超越し作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kve********

    5.0

    クレヨンしんちゃん史上最高傑作

    大人が見ても子どもが見ても。 ギャグあり感動あり。 今後これ以上は絶対現れない唯一無二の最高傑作。何回でも観れる。

  • k0e********

    5.0

    ネタバレ個人的アニメ映画最高傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hlq********

    5.0

    ネタバレケンとチャコ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ras********

    4.0

    ネタバレ誰もいなくなった街

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lmm********

    5.0

    年齢によって色んな見方ができて最高

    映画当時しんのすけとほぼ同年代で、家族構成も野原家と同じ、生まれたばかりの妹がいたため母親とは観に行けずに父と観に行きました。 序盤ひろしとみさえが洗脳後、しんのすけやひまわりを突き放すシーンが多いのですが、当時は自分の親がこうなったらどうしようと想像して不安になるくらいリアルで怖かったです。腹をすかせたしんのすけにネギだけ渡したみさえはシュールでしたが…笑 映画を観に行ったとき自分は同じ歳くらいのしんのすけが頑張ってタワーを登る姿に感動して泣きましたが、父はひろしの回想シーンでずっと泣いていたのを覚えています。 特別なことなんか何もない、いつもの日常シーンで何で泣く?って不思議だったのでインパクトがありました。 今みさえよりも少し下くらいの歳になり、自分も新しい家族ができてから久しぶりにこの映画を観て、やっとあの時何故父が泣いていたのか理解できた気がします。 きっと父は仕事や辛いことでボロボロになって帰ってきても、大事なもの(ひろしや父にとっては家族)がいるから明日も頑張れる。臭い足の匂いで笑ったり一緒にお風呂に入ったり、そんな何でもない日常が一番幸せだと思って感情移入して泣いたんだと思います。家族構成や境遇も当時たまたま似てましたし。 私も当時は風間くんみたいに何故かわからなかったけど、懐かしいって本当に良いものなんですよね。 この映画を久しぶりに見て、懐かしいなあこの頃の映画は最高だったなあ、って劇中の大人と同じこと思いましたもん。懐古厨になってしまいました。 ひろしたちは今の家族が大切で、チャコとケンは何かしらの事情で家族になれないから他の人たちも道連れにしようとしていたのかな? でも大事なものは別にひろしたちみたいに家族や子供じゃなくてもいいんですよね。 ペットでもいいし異性や同性の恋人でもいいし趣味でもいいし自分自身でもいい。 ひろしやみさえにとっては家族が一番大事だけど、ケンとチャコや他の人たちがそうである必要は全くないです。 こういう価値観は昔よりも今の方がガチガチじゃなくて、多様性も認められやすいと思うので、現代だって良いところもあるんですよね。 彼らはお互い大事に思ってるので、これからは過去を懐かしみつつ、現代の良いところもたくさん見つけてポジティブに生きていけると良いなあと思います。

  • nil********

    5.0

    ネタバレ40と20と、ノスタルジー?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • grizoumin17

    5.0

    日本アニメ映画史上最高傑作のひとつ

    大人になって観ると泣ける…

  • nik********

    5.0

    歳を重ねて

    アラ還の自分が今観ると、涙が溢れて仕方ないです。 大阪万博は正にしんのすけの年齢だったなとか懐かし過ぎて。 年齢的には知らない事も多いのですが、とにかくあの時代か懐かしいです。 「20世紀博」が本当にあったら通いまくる自分が想像出来ます。 これって歳取ったんでしょうか… 15年位前ならそんなに思わなかったんだけどなw

  • Hassy

    5.0

    やっぱり1番

    「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を観ました。たくさんあるクレヨンしんちゃんの映画の中で一番好きです。久しぶりに観ましたがやっぱりいいですね。昭和を知っている世代の琴線に触れる作品です。

  • tek********

    5.0

    大好きな映画

    子供のころと違ういい意味で衝撃を受けた映画。 子供の頃みてちゃんと全部わからなかったけど 今見返しても本当にいい作品。 よっぽどそこらへんの恋愛映画より よく出来てると思います。 笑いと感動とバランスが神。 私はこの映画一生忘れないと思います。 見てない人は本当に見てほしい。

  • mit********

    5.0

    懐かしい匂いのするいい作品です。

    色んなアニメのオマージュを取り入れてあったり 三丁目の夕日っぽいところもあったり、 いい話しでです。 出来れば小学生の頃に戻りたいそんな作品でした

1 ページ/29 ページ中