ここから本文です

はなればなれに (1964)

BANDE A PART/BAND OF OUTSIDERS

監督
ジャン=リュック・ゴダール
  • みたいムービー 82
  • みたログ 189

4.13 / 評価:45件

ダンスとフィルムノワール

  • どーもキューブ さん
  • 2008年9月3日 15時06分
  • 閲覧数 458
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

前半後半の印象がガラッとかわる分かり易いゴダール作品。原題がタランティーノのレーベル会社名にもなっている。はじめはどこか青春映画の風情漂う。モノクロにアンナカリーナのおっきな目、とりまく野郎が二人。美術館の疾走も微笑ましいくらい。そして張り詰めた固定画面から躍動の瞬間がおとずれる。ダンスシーンだ!タランティーノは絶対影響うけてますなー!ゴダールの音とダンスが心地よく重なる。これが後半急に犯罪映画にへそを曲げる。カリーナの悲痛な叫び、あっけないラスト。ゴダールの登りつめたコロンビア映画は、非常に新しいフィルムノワールにしあがったのだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ