レクイエム・フォー・ドリーム
3.9

/ 447

36%
33%
19%
9%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(124件)


  • hik********

    1.0

    ドラッグに溺れたモービウス。

    こんなに“気持ち悪い”映画も他に類を見ない。 救いが皆無のストーリー、幾度もリピートされる謎の演出、俳優の芝居(これは誉め言葉だが)、すべてが“気持ち悪い"。 それまで、ごく普通の生活を送っていた4人の男女がドラッグ中毒によって破滅に向かっていく姿を描く。 欝映画の代名詞も頷ける一作だったが、個人的には不快感が強すぎた。 ちなみに、後年にあるマーベルヒーローとなる若かりし頃のジャレッド・レトが出演しているのも初々しい。

  • tks********

    3.0

    とにかくドラッグの恐ろしさを知る

    前半の明るいノリがいつの間にかおどろおどろしい雰囲気に変わっていく。不気味な音楽が高い効果を上げている。映像の使い方も独特で一見に値する。 とにかくドラッグの恐ろしさを知る。

  • hab********

    1.0

    内容も薄い。何も残らず

    洋画 邦画 ジャンル問わず映画好きのつもりですが、最後まで見ても何にも残らない映画だった。

  • ind********

    4.0

    アレノフスキーの本領が観れた

    アカデミー賞「ブラックスワン」も「マザー」も、なんだかしっくり来なかったのが、この作品で俄然、おお、この監督の本領はこれか!と納得できた。 原題の社会的病巣「薬物中毒」「ダイエット中毒」を材料に、それらが生じる姿とそれらがもたらす風景とを、まあ、なんと洒落たカットワークでリズミカルに、そしてこの監督独特の「意地悪さ」でシニカルにリアルに、観客の前に広げてみせる。それでいて、そのあざといまでに計算された映像は、見入るこちらの視線を外すことのないように、エロチックだったりえぐかったりグロかったり、刺激的な香辛料も忘れていない。 たしかに「薬物中毒」「ダイエット中毒」への批判的なお話ではあるけれど、それぞれの登場人物の「中毒」にいたる弱み、否定しつつも抗えなかった秘めたる欲望を思わせるところもあります。 例えば、ジェニファー・コネリーは薬物を手に入れることを言い訳に、「私の体はいかほどの値打ちがあるんだろうか?」という風に鏡に姿を映すシーンなどは、前後の身を売ることへの動揺とその後の獲得物を手に入れたことへの満足と・・・かなり複雑だけれど、よく解りました。 そして登場人物がもっている叶うことのない「のぞみ」が社会に葬られていく様ことそが、この作品のテーマだったかと。 実験的な映像も多く、おそらくカメラを自分の前につけて演じているに違いない姿を思うと、描かれているシーンとは別になにやら「迷惑ユーチューバー」を思い浮かべてしまって・・・。 この監督に興味がある方であれば、他の作品を観る前にこの作品をご覧になった方がいいのでは・・・・なかなか手には取らないでしょうが・・・そういった作品だと思います。

  • 1048

    2.0

    思ってた通り

    事前に内容を把握してたせいか 感想は想定内。 そんなに衝撃的な作品かな? 薬物はダメ絶対的な崩壊系作品。

  • qqj********

    5.0

    映画として傑作。名作。

    自分の中にある傑作映画の中でも人に勧めたくても安易に勧められない、もどかしい作品。 鬱映画として語られていて、それ恐ろしさに長い間見ていなかった。音楽が素晴らしく、本編を見る前にサントラを何度も聴いていた。あらすじは知っていたからそこまで衝撃は受けないだろうと遂に決意して鑑賞。 気がついたら泣いていました。 聴きなれていたはずの音楽の数々に素晴らしい映像の連続で、恐ろしいのに1秒も目を話離せなかった。 いや、離したくなかった。 特にハリーのお母さんが… 幸せになって欲しかった。 だが、この作品は幸せなんて最初から見えてなかったはず。 だけど胸が苦しくなり、ラスト10分は涙が止まりませんでした。 恐怖からの涙ではなく。 この涙は哀れみの泪だったのだろうか。 人生に残る1本。

  • ivo********

    2.0

    ネタバレアロノフスキーはサディストか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ryo********

    5.0

    1ミリも救いがないのに1秒も見逃したくない

    だいぶ前にレンタルして見始めたところ寝落ちしてしまい、そのまま忘れてたんですが、昨日ネットで「鬱映画特集」というのがあり、そこに本作が入ってないことを友人がプンスカ怒ってたので、思い出させてくれたが吉日として、鬱は急げとして、旨いアロノフスキーは宵に食えとして観た次第。 ジェニファー・コネリーってこんなにきれいだったっけ? とかのんきに考えながら観てた僕がバカだった。 希望などない。あるのは夢の中にだけ。 いい方向に向かいそうな場面など一切ない。 どこかに戻ってやり直せる時点が無いかを考えながら観てたけどそんなものどこにもない。 0.1ミリも救いがないこの鬱展開は映画史上屈指。 ドラッグの摂取という4人のルーティンを、超絶技巧を駆使してリズミカルに見せ、冷蔵庫を代表とする恐ろしい幻覚症状を天才的センスで可視化。それらがもたらす高い中毒性という点において、傑作としかいいようがない。まいった。 開閉のリズム。 注射のリズム。 服薬のリズム。 覚醒のリズム。 Be excited,Be be excited!(観た人なら分かるやつ) ラスト約15分の展開は筆舌に尽くし難い。でも映画的に、どうしようもなく目を見張って興奮してしまう。 洋服屋を夢見ていたハリーもマリオンも、親友タイロンも、この3人の若者には、誰か救いとなり得る人間関係がなにもない。 ハリーの母サラも、夫を亡くして一人暮らしの孤独を抱えていた。楽しみは怪しいTVショーに赤いドレスを着て出演する日だけ。でも、ご近所との関係はあった。 4人同時進行で奈落の底のもっと深い場所へ落ちていった時。 3人の若者には、相当やばい自分と自分のしでかしたことに自覚がある。 一方サラは、ダイエットピルだと信じて飲んでいたものが実は覚醒剤だっだという犠牲者。そんなサラが友人の顔さえ忘れてしまったほぼ植物人間に…4人中最大の悲劇で、これは辛い。きつい。病院の外で泣く友人たちの姿がまた辛い。 サラを演じたエレン・バースティンの演技が凄まじい。かつて、「エクソシスト」で娘リーガンの変わりゆく姿に恐れ慄いた彼女がリーガン超え。もっと評価し続けないといかん。 「ブラックスワン」しか観てないアロノフスキーだったけど、デ・パルマみたいにスプリットスクリーンを多用したり、絵作りのセンスが独特でいまさらながら気になりはじめたので「レスラー」観ようっと。 スプリットスクリーン観てて思ったんだけど、ソーシャルディスタンスとかリモートワーク場面を映画化するならこれかなり有効な手段。さすがデ・パルマ、先見性あるな。アロノフスキーもか。

  • ayo********

    5.0

    ホラーより怖い

    ホラーやグロいの好きでよく観るのですが、めちゃくちゃ怖かったです。後半は何度か目を逸らしたくなるくらい怖く頭が痛くなりました(笑) 前半はなんだこの演出胡散臭いなぁくらいに思ってたのですが、もう後半はずっと息もできないくらい衝撃的でした。 TSUTAYAでドラマのジャンルにあったので軽い気持ちで観たことを後悔しました。こんな映画初めてです。メンタルが強い方でないと見れないかも?あとお母さん役の方は実際に減量されたのですよね?役者さんの役作りも圧巻です。素晴らしかった。ある意味もう観たいとは思いませんが・・・(笑)

  • ちーちゃん

    4.0

    絶望的な映画

    この監督の映画ってラスト絶望的なお約束。レスラーやブラックスワンetc でもなぜか嫌いじゃなくて観てしまう。

  • 白井美有

    4.0

    楽しめました

    勿論とても救いのないラストではあるのですがこの手の鬱映画ってただただ陰鬱なだけで面白くないものが多いと思ってるのですが本作は普通にエンタメとして楽しめました 暗い内容なのですが演出が独特だったり画面作りが華やかで見ていて面白く、ただただ嫌な気分になるだけの監督の自慰行為的な鬱映画じゃありません サラ方の演技は凄まじかったですね 序盤から終盤にかけての変貌に圧倒されました これを見ると母親に優しくしようという気持ちになると思います

  • エル・オレンス

    4.0

    新感覚を味えること間違いなしの衝撃作。

    米国サイトTaste of Cinemaが2016年に選出した「最も恐ろしい非ホラー映画25本」において、1位を獲得した本作。 独特のエキセントリックな演出&撮影センスで名高いダーレン・アロノフスキー監督の出世作。 食事しながら観る作品ではないことをまず述べておきます。あと、非ホラーのジャンルではありますが、深夜や寝る前に見るのも、よく考えたほうが良いかもしれない。 監督の才気溢れる映画構成に衝撃を受けることは間違いないと思います。 キャストで衝撃的だったのは、この翌年に『ビューティフル・マインド』(2001)でアカデミー助演女優賞を獲得した美女ジェニファー・コネリー。前年にこんな大胆な役を演じていたとは驚き。そして、主人公の母親役を演じた名女優エレン・バースティンの肝を鷲掴みにされそうな怪演技も、強烈で忘れられません!

  • はさなか

    5.0

    絶望

    四丁目の夕日並みの絶望を味わった。 みんな麻薬で壊れて、弄ばれ、廃人になってしまう。その悲しさや絶望感が何よりも辛い。

  • コトリ

    5.0

    素晴らしい。気分が落ちる!でも耐えれる。

    クスリによって失っていく人びとの話。 これは主人公ジャレット レトと母親と恋人と友達との一握りの人びとがクスリによって全滅するクスリ依存性の人の顛末。 クスリ依存性の破壊力の凄さを見せつける映画。 こんな風景がきっとドラッグ中毒になっている人の人生なのだろう。 無茶苦茶怖かった。 ずっと鳴っている音楽も怖い。 エンドロールの静けさも怖い。 凄かったです。 あと、ジェニファーコネリー久しぶりに見ました。 女の中毒者は最後はああなるんでしょうね。 ほんとに酷い。 マザー!はほんとあり得ないぐらい酷い最低な映画でしたが、この映画は素晴らしかったです。

  • なつ

    4.0

    DVD

    数々の鬱映画の中でも代表として挙げられている記事をよく見るので、とても楽しみにして鑑賞。 あれ?あー最近ショックな映画ばかり観ているからか、そこまで鬱じゃなくね??と思ってしまいました。ストーリーは面白いですけど。 きっとこれに影響されてたくさんの鬱映画が世に出たんでしょうね。けっこう昔ですもんね! どうでも良いが、序盤にドラッグが手に入り音楽に合わせて踊ってるダンスがおかしくて頭から離れないww それにしても、吹き替えで観ましたが、 いいぞタピー!いいぞタピー、オーーー!の、リズム感よ、、、笑笑

  • cal.02

    2.0

    ネタバレ今見たら凡作です

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • p41********

    4.0

    ネタバレメッセージ強で演技力に脱帽

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lad********

    3.0

    観ると鬱になる

    ヒップホップモンタージュとやらを拝んでまいりました。 複数のカットをつなぎ合わせることをモンタージュというそうです。 本作ではそのモンタージュを更に細かくしており、それをヒップホップモンタージュというそうです。 話はドラッグに嵌って破滅に向かう4人の人物を描くという自業自得物語。お母さんは可哀想だったけど、他は同情の余地なし! ただの破滅映画を飽きさせることなく最後まで引き込ませたのはこの独自の編集と音楽だと思う。 とにかくカットが細かい!モンタージュだけでなく、様々なアングルからの撮影、早送り等編集へのこだわりが凄い!暗い話なのに見入ってしまった。 また、音楽の使い方も効果的だった。別に心に響く名曲を使っている訳ではないけど、上手く絶望的になりそうなメロディが効果的に挿入されている。 そういえば、ヒッチコックの『サイコ』もパイロット版で不評だったので再編集してあの名作に生まれ変わったってのをアンソニー・ホプキンスの『ヒッチコック』でやってたような気がする。 名作って俳優や脚本、美術、いろんなものが合わさって生まれるものなのだろうけれど、それぞれの才能を生かすも殺すも編集次第なのかもしれない。 この映画は多分もう一度観ることはない。とにかく暗くて絶望的な気持ちになるから。 でもこの編集は素晴らしいと思う。

  • hir********

    5.0

    期待を裏切らないアロノフスキー節

    ブラックスワン、マザーとどちらもインパクトあったのでアノロフスキーの過去作を見ようと手に取ったのこれ。 薬物の恐ろしさの描写はまぁ言わずもがな、エレン・バースティンの演技の凄さに度肝を抜かれる。 ジェニファー・コネリーも体を張った演技で凄いんだけど美人過ぎてちょっとリアリティ薄く感じてしまった。 余談ですが、薬物を注射した所から感染症になり腕がパンパンに腫れ上がった知り合いがいて、危うく片腕切断になりかけた事があったので、この映画を鑑賞した誰よりも自分はそのリアリティを肌で感じたと自負しております。w 一番印象に残った場面は、精神病院に見舞いに来たお母さんの友人二人が、彼女のあまりの変貌ぶりにショックを受けてベンチで抱き合って泣くシーン。 こういった、わいもない別視点からも悲しさ、残酷さをサラッと見せていく所がアロノフスキーの凄さではないかと改めて感じた。

  • neu********

    5.0

    傑作ダウナー系ドラッグムービー、依存せよ

    英国映画専門誌が選ぶ「気が滅入る映画」の堂々1位だそうだが、私にとって本当に気が滅入る映画は、結局何も言いたい事が無い商業映画だ、この映画「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」はダウナー系ドラッグムービーの最高傑作である! 監督のダーレン・アノロフスキーは人間の、個々の弱い部分を白日の元にさらけ出す、彼がほぼ全ての作品でテーマにしているのは人間が皆必ず持っている「依存心」であり、描くのは取り憑かれた人達の物語である、デビュー作「π」では数に取り憑かれた人を描き、学者や専門家、監督自身を含めたクリエイター、などその道を追求する人達も皆、探究心や自己実現、功名心といったものに取り憑かれ囚われている様を描いている、彼の描く依存とは決して社会的な事柄としてではなく実存主義的な我々個々の問題として描かれているところが秀逸である、 アノロフスキーの作品を観ると彼の、少し意地の悪い、でも的確なメッセージが聴こえてくる、所詮人間は皆んな何かに依存して生きている、そこに例外は無い、この映画「レクイエム〜」を観て、ドラッグは怖い、でも自分はクリーンだから大丈夫だ、と安心している人は、美形のフィギュアスケート選手を追っ掛け回し限定品を買い漁るのも、お気に入りのアイドルの為に何百枚もCDを買うのも、ブランド品を買いたくなるのも、「依存」である事に気づかない、もっと言えば、仕事の後の冷たいビールを心待ちにするのも、家族の為に必死に仕事を頑張る事、さえも「依存」なのだ、言い方は悪いが「依存」とは「心の支え」であり、それもまた人間が生きて行く為のエネルギーにもなり得るし破壊のエネルギーにもなる、マリファナとアルコールの可否はその国や地域の文化的背景、伝統的価値観によって大きく異なっている様に、ドラッグなど社会的に悪とされているものよりも、より日常的な「依存」の方が自覚認識が無いだけにより恐ろしい、というメタファーでもある、 この映画でアノロフスキーが描こうとしているのは単にドラッグではなく、ドラッグに象徴される「依存」の恐怖なのだ、彼のこの姿勢は一貫してほぼ全ての作品に貫かれている、「ファウンテン」では多少毒気を減らしたが、科学や物語にすがる人々を描き、「レスラー」「ブラックスワン」ではライバル心・虚栄心に取り憑かれる人の心の闇を残酷なまでにリアルに描いている、 最新作の「マザー!」ではアノロフスキー監督は初心に戻り、映画監督である自らの事を描いている、締切りや予算に追われ、有名監督としての興行的成功を期待される中で、作家としての自らのビジョンと、社会的成功や功名心の狭間で苦悩する、分裂症的な監督自身のジレンマを映像化した作品である、日本ではキリスト教に詳しく無い人程この映画「マザー!」をキリスト教的に解釈しようとする様だが、皆見事に監督のミスリードに引っ掛かっている、「ノア」をあんなふうに描く無神論者のアノロフスキーがキリスト教的なメタファーを描く訳が無い、あれは「カルト」のメタファーであり、彼は個人の精神的重圧や痛みを一貫して描いている実存主義の作家なのだ、 だが意地悪な監督はインタビュー等で「この作品は宗教的」であるとか「環境問題を描いている」とかミスリードしまくって観衆を煙に巻いている様だが、、、 この映画「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」は音楽もまた最高に良い、サウンドトラックとして評価するなら私の中でのベスト3に入る名盤だ、手掛けたのはクリント・マンセル、80年代中頃にデジタルビートとパンクロック、ラップミュージックを合わせた、デジロック、の先駆けとして評価を得たバンド、ポップ・ウィル・イート・イットセルフ(Pop Will Eat Itself)のフロントマンとして活動し、後のEMF、ナイン・インチ・ネイルズ、プロディジーなどに影響を与えた奇才である、バンド解散後はアノロフスキー作品は全て(最新作マザー!以外)の音楽を手掛けている、サウンドトラックだけでトリップできる、お薦めである!

1 ページ/7 ページ中