レビュー一覧に戻る
レクイエム・フォー・ドリーム

ind********

4.0

アレノフスキーの本領が観れた

アカデミー賞「ブラックスワン」も「マザー」も、なんだかしっくり来なかったのが、この作品で俄然、おお、この監督の本領はこれか!と納得できた。 原題の社会的病巣「薬物中毒」「ダイエット中毒」を材料に、それらが生じる姿とそれらがもたらす風景とを、まあ、なんと洒落たカットワークでリズミカルに、そしてこの監督独特の「意地悪さ」でシニカルにリアルに、観客の前に広げてみせる。それでいて、そのあざといまでに計算された映像は、見入るこちらの視線を外すことのないように、エロチックだったりえぐかったりグロかったり、刺激的な香辛料も忘れていない。 たしかに「薬物中毒」「ダイエット中毒」への批判的なお話ではあるけれど、それぞれの登場人物の「中毒」にいたる弱み、否定しつつも抗えなかった秘めたる欲望を思わせるところもあります。 例えば、ジェニファー・コネリーは薬物を手に入れることを言い訳に、「私の体はいかほどの値打ちがあるんだろうか?」という風に鏡に姿を映すシーンなどは、前後の身を売ることへの動揺とその後の獲得物を手に入れたことへの満足と・・・かなり複雑だけれど、よく解りました。 そして登場人物がもっている叶うことのない「のぞみ」が社会に葬られていく様ことそが、この作品のテーマだったかと。 実験的な映像も多く、おそらくカメラを自分の前につけて演じているに違いない姿を思うと、描かれているシーンとは別になにやら「迷惑ユーチューバー」を思い浮かべてしまって・・・。 この監督に興味がある方であれば、他の作品を観る前にこの作品をご覧になった方がいいのでは・・・・なかなか手には取らないでしょうが・・・そういった作品だと思います。

閲覧数1,841