ここから本文です

スターリングラード (2000)

ENEMY AT THE GATES

監督
ジャン=ジャック・アノー
  • みたいムービー 259
  • みたログ 2,977

3.83 / 評価:888件

タッチの違う戦争映画

  • mim******** さん
  • 2017年10月15日 21時03分
  • 閲覧数 2269
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

スターリングラードは、スターリンの都市という意味で、ドイツ対ソ連の戦いの要所になった場所らしい。

この映画は戦争映画の中では人間ドラマ的な要素が強い。
スナイパー同士の戦いも見どころがあるが、女性や子供が登場することで心理描写がうまく描かれている。

全体的に残酷なシーンが多い中、レイチェル・ワイズの存在が可愛らしく戦場に咲いた1輪の花といったところか。

良い点
フランス人監督らしい柔らかいタッチがいい

ダメダメ点
スタジオ感が出ているので、リアリティに欠ける

毎回、隣の人が撃たれるワンパターン

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ