ここから本文です

アンダルシアの犬 (1928)

UN CHIEN ANDALOU

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 54
  • みたログ 406

3.56 / 評価:101件

天才たちの夢の跡

  • chu***** さん
  • 2018年1月7日 21時36分
  • 閲覧数 638
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

★は判定不能という意味です。
悪いという意味ではないです。

シアターイメージフォーラムでリバイバル上映中のブニュエル監督特集にて、「砂漠のシモン」と二本立てで鑑賞。
事前勉強しないで観ると、私のように、なんじゃこりゃの感想になります。
シュールレアリズムね。実験映画ね。
ほー、ふーん、いや解説と評論読んでもさっぱりだよ。とりあえず自他共認める奇人変人たちの寝夢を片っ端から突っ込んだ?
題名「アンダルシアの犬」も単なる思いつき?アンダルシアも犬も出ないし。
まぁ、こうゆう映画はさ、脳が柔らかな10代の青年たちが観るべきだね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ