ここから本文です

アンダルシアの犬 (1928)

UN CHIEN ANDALOU

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 54
  • みたログ 406

3.56 / 評価:101件

解説

 今みても感嘆する他にないシュールレアリズムの映像詩。L・ブニュエルの凄い所はこのイマジネイティヴな実験精神を失わず、“アンチ”カトリシズムの不条理劇と果敢な映画的創造を貫いたことだ。ダリが共同脚本を手がけた本作は全く論理的脈略はなく、あまりにも有名な、眼球を剃刀で真二つにされる女、路上に切り落とされた手首をみつめる女装の男、痙攣する掌を這い回る蟻の群れなど、夢魔的イメージが全篇を支配している。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ