ナイルの宝石

THE JEWEL OF THE NILE

106
ナイルの宝石
2.9

/ 135

5%
13%
54%
23%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(20件)


  • 風よ吹け

    2.0

    ネタバレさすがに寝そうになる出来

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rrrr

    2.0

    漫画っぽいストーリー

    なんだか漫画っぽいドタバタなストーリー。漫画で読んだらもっと楽しめるかも。キャサリンターナーは若い頃の自分にはただのオバサンに見えて、その良さが全然わからなかったけど、今見ても同じだなあ。撮影時まだ30歳前後とは驚き。落ち着きのある魅力も感じない。マイケルダグラスは40歳くらいだけど、こちらは年齢なりの魅力がまああるかな。個人的には主役カップルにもう少し華があれば楽しく見れたかも。視覚的には中年カップルのドタバタ劇をスケール大きめに描きましたって感じ。でもロマンシングストーンの人気がすごかったからこその続編なわけで、このキャスティングが好きな方も多いんでしょうね。

  • tonton

    3.0

    古い映画に古臭いと言うズレてるバカ

    ローマの休日みたいに時代関係なく見れる映画と、アクションやSFなど時代感もろ出る作品比べて、何十年も前の作品に「古くさい」言って偉そうにこき下ろすバカよく見かけるけど、恥ずかしくないのかな? まあ頭悪いから、自分の価値観も判断がズレてることさえ気付いていないんだろうな 今作は決して傑作や名作ではないが、1つけるほどのどうしようもない無価値の駄作なのか? 何でもかんでも批評批判してありきで上から目線でこき下ろし、低評価にして攻撃する事で、あたかも自分が高等な人間だと思いたがる、哀れな勘違いにはなりたくないね

  • bic********

    1.0

    主人公たちに都合のいいだけの駄作

    主人公たちは他人に対して上から目線で、罵詈雑言を浴びせても、なんのお咎めもなくハッピーエンド。一方、脇役が同じことをしたら、さも道徳心のかけらもない小悪党のごとく描かれ、たちまち不幸な目にあい、主人公たちの笑いものにされる。昔の人って、こんな不公平なご都合シナリオを喜んでいたのかしらん。「昔ほうが倫理観に優れていた」ってのは大嘘よね。

  • izq********

    2.0

    ただただ逃げ続ける映画

    一作目の方が面白かった。なんか逃げ続けるだけの映画。

  • ang********

    1.0

    ネタバレこの古臭さは我慢出来ない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uso********

    2.0

    プロデューサーの皮算用

    「ロマンシングストーン」が、見事な快作だったので、すっかり熱を上げ、続きを見た次第です。当時、レンタルビデオ全盛の時代で、棚に並んでたら、続き物はどうしたって手が伸びますよね。 ところが、???なにか違う。雰囲気なのか、舞台設定なのか、もう一つはいり込めない。続編でも、監督、主演俳優、脚本、の主要スタッフか引き続きという例はやはり珍しく、同じ座組では話が進まなかったようで、監督が降りて、脚本も変わって、ビジョンが違う映画が出来上がってしまった。 俳優もわずかの間に歳をとってしまい、ぎりぎり若手の雰囲気だったマイケル・ダグラスはこの頃からベテラン臭を醸し始める。キャスリーン・ターナーもおばさんチックになって、残念な感じだった。この頃の女優さんって、あまり美に執着がなかったのかな。 脚本家は、いかにもプロデューサーの都合で選ばれたような感じで、出来よりも、書き直しを苦にしないかが優先されたのだろう。例えば、馬を出せと言われればそんなシーンを書き、やっぱり犬を出せと言われれば素直に従い、そんなプロ的取り組みの仕事をしてきたようだ。この二人、常にペアで、同じキャリアを積み重ねている。タフな書き直しを二人でこなしてきたのだろう。 まあ、そんなこんなで、映画が面白けりゃ、すべて報われるのだろうけど、さらなる続編が作られなかったのが、評価の全てだろう。

  • kyabe2

    4.0

    ロマンス後も気になるのよね

    なんか評価があまり芳しくないようだが、私は何も思わず楽しめた。 監督が違うのも分からなかった・・・ 言われてみたら、そうかと。 だから、この監督としたら、よく作っているほうなのかと思いました。 タイトルは似たようなものだが、ストーンもストーン違いだし、二人の主役も出会って恋をするのでなくて、できちゃった後のことになるから、内容が違うのは仕方ないかなあ・・・? この内容だが、私はブラックパンサーではないが、アフリカの怪しい国というのが好きな展開なので、題材としては良かった。 前作と違ったアクションシーンも多く、けっこう力入れて作っていると思います。 あとは、二人のロマンスがやっぱり良かった。 二人がお互いを思うシーンなんかにはしんみりとしたし、窮地に陥って成長していく姿には感動するところがあった。 前作の続編として、やはり1作で終わってしまうのは寂しいから、続きモノとしてあっても良いように思う。 あと何作あっても良かったかもしれないけれどもね。

  • ed_********

    2.0

    主題歌のPV見ましょう!

    前作『ロマンシングストーン』は語りたいことが多過ぎて いまだレビューを書けないほど好きな作品。 しかしこの続編はあまりにも…… まあぶっちゃけ見る価値ないですw この映画見る暇あったら、グーグルに "When the Going Gets Tough, the Tough Get Going"って入れて この映画の主題歌のプロモーションビデオ見ましょう!! ビリー・オーシャンが唄う姿に、この映画の ハイライトシーンがカットインされて、それで見所は十分です。 しかもオーシャンのバックコーラスを、主演トリオがやっていて 出演だけじゃなく、コーラスは実際にこの三人が唄ってるそうです。 リアルでは長年の親友同士だというダグラスとデヴィートが 素でじゃれ合う姿がすごく微笑ましい。 映画本編より百倍楽しめます!! イメージワードはこの映画じゃなく、ゲットタフのPV用にw

  • 一人旅

    3.0

    南米からアフリカ大陸へ

    ロマンシング・ストーンの続編。今回はナイルの星と呼ばれる秘宝を入手し、連れ去られたキャスリーン・ターナーを救出するため、マイケル・ダグラスとダニー・デヴィートが一路アフリカへと向かう。序盤で秘宝が何なのか、大方予想がついてしまう。秘宝を手に入れた後は、敵から逃げる、戦う、逃げるの繰り返し。敵が所有する戦闘機に乗り込んでマシンガンやミサイルを乱射するシーンが見どころ。アドベンチャーが好きなのでオマケの☆3つ。

  • sup********

    4.0

    ネタバレ続編、、

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gor********

    3.0

    肩の力抜いて見てください

    個人的には前作の『ロマンシング・ストーン』より、 スケールもストーリーも(たぶん製作費も) パワーアップしてるかんじがしました。 しかも、アクションアドベンチャー的シーン要素を、 ところ構わず突っ込んでいるとこが、 なんか、しったかめっちゃかな感じもありますが、 普通に面白いとおもいましたよ。 まあ、理屈で見る映画ではなく、 楽しんだもん勝ち的な作品ですね。 ちっちゃいオッサン、ダニー・デヴィートが いい味出してます!

  • soc********

    2.0

    主題歌は好きでした

    当時ビリー・オーシャンの主題歌がヒットしたのを覚えています。映画自体は今まで観た事がありませんでしたが冒険活劇ものは好きな類なんで期待して観ました。 うーん…それぞれの役者の演技は良かったと思うのですがストーリー展開が引き込まれなかったですね。一番重要なスリルとかアクションとかが物足りなくて全体的に中途半端な印象でした。 比べちゃいけないけどインディー・ジョーンズシリーズのほうが断然面白いと思います。

  • ひゅう助

    2.0

    ストーリーに一貫性がない

    前作は見てませんが、TVでやってたので暇だから見ました。 結果から言えば、相当つまらなかった。時間が遅いのも手伝って、眠さをこらえるのに苦労しました。 まず、キャラクターに魅力がない。一応、「ロマンティックさを求める女小説家」と「金が命の軽薄男」というのがあるが、それも序盤だけで、それ以降は「普通の男女」になってました。 なにか、小説家だからこそできることとか、金に執着があるからできることとか(はないけど)、そういう「独自の行動」がなかった。端的に言えば、「ストーリーに操られてた」感じ。 でも唯一ダニー・デビートは異彩を放ってました。さすがに、この人はどこにいても目立つね。存在感があった。 最大の問題点は、ストーリーの一貫性のなさ。登場人物全員が「バラバラに動いて」いて、無理やりラストに集約させる。もう見てるこっちは「お前ら何がしたいの?」状態でした。 あえて褒めるなら、アクションはまあまあよかったです。インディ・ジョーンズ第1作に似てなくもないけど。 ☆2つ。 あと、「ナイルの宝石」ですが、あれ詐欺でしょ。「一体どんなすごいことが起こるのか」と思ったら、・・・「おい」。 今日も「映画の中」では平和です。

  • tom********

    1.0

    妙な音楽

    マイケル・ダグラス氏が好きで、ロマンシングストーンの続編ということで観てしまいましたが、お薦めできません。 ほぼ時間の無駄です。 ストーリーもアクションも凡庸で、特記すべきことはありません。 主人公たちが迎える危機も全く合理性なく解決していきます。 音楽が場面にマッチしきっておらず、奇妙な感じで印象に残ります。

  • cas********

    3.0

    うーん、

    なんかものたりない。

  • gre********

    3.0

    ネタバレナイルの宝石

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ros********

    3.0

    ロマンシング・ストーン2

    ロマンシング・ストーン/秘宝の谷 の続編。2は駄作って言われるけどナイルの宝石役の男はかなり良かった。ダニーデビートが若い。

  • kak********

    2.0

    ナイルの宝石とは?

    映画通ならダニー・デヴィートが出ているだけで映画の内容が想像できるのではないか。それほど彼はコメディアンとして個性が強く、影響度が高い。この作品の魅力はナイルの宝石とは何か?その価値は?という謎を通して、人生の中の本当に価値のあるものを探す冒険の旅である。 近年のアドベンチャー・ロマンの大作はハイテクを駆使した映像の進化に驚かされるばかりだが、この映画のように現実とかけ離れた世界を楽しみながら心に何かが残るというのも貴重である。理屈ぬきで楽しめる作品である。

  • toy********

    2.0

    ☆ナイルの宝石☆

    「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」の続編。 ストーリは、ロマンシング・ストーン/秘宝の谷で結ばれた二人も、平和な日々が続き過ぎ、既に倦怠期を迎えていた。。 そんなある日、ジョーン(キャスリン・ターナー)は、アフリカの独裁国家に、大統領の伝記を書くために招待される。(^^)v そして“ナイルの宝石”と,いう謎の秘宝を追って、ラルという男(D・デヴィート)も、現地に向かっていた…… この作品では、ナイルの宝石とは何か?その価値は?という謎を通して“価値あるもの”を探す、アドベンチャーの旅である。。。 内容は、前作同様の体系で作られていて、秘宝と言う“ナイルの宝石”を求めてさすらう女流作家ジョーンは、マンネリ気味のイメージがあり、いまいちパッとしない感は、否めない・・・

1 ページ/1 ページ中