ここから本文です

眺めのいい部屋 (1986)

A ROOM WITH A VIEW

監督
ジェームズ・アイヴォリー
  • みたいムービー 201
  • みたログ 1,078

3.77 / 評価:342件

美しい

  • kyon2630 さん
  • 2019年5月22日 20時57分
  • 閲覧数 915
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

20世紀初頭。いとこのシャーロット(マギー・スミス)とイタリアのフィレンツェに旅行に来たルーシー(ヘレナ・ボナム・カーター)は、ジョージ(ジュリアン・サンズ)と出会う。旅行からイギリスの家に戻り、セシル(ダニエル・デイ・ルイス)と婚約したルーシーだったが...ジェームズ・アイヴォリー監督、1986年製作。

大好きな「モーリス」の監督の作品で、スクリーンで観られて幸せでした(≧▽≦)「モーリス」を観たのが初めてだったので、この作品はスクリーンで観たことがなかった。

ピクニック先のイタリアの草原がとても素敵。そこで起きたことも。ジョージはなんだかとても強引な気もするけれど、それがいいのか?イギリスの良家の豪邸に素敵な衣裳に、青々とした森、観ていてうっとりする。段落ごとに出てくる見出しも素敵。

ダニエル・デイ・ルイスが、ロマンチストだけど変に神経質なおもしろい役で出ているのだけれど、実は結構良いヤツで。ジョージとルーシーの弟、フレディ(ルパート・グレイヴス)と神父様が池で水浴びするシーンは、目が点だけれど、ほほえましかった。っていうかぼかしなしでよいのか?(ってそこかい(/ω\))

階級の違いと恋いうのは、この間観 た「ジェイン・オースティン 秘められた恋」や「プライドと偏見」などもあるが、乗り越えたり乗り越えられなかったり。今の時代では考えられない複雑さだなぁ。全くないこともないとは思うけれど。と言っても質が違うか(;^_^A

それにしても、ヘレナ・ボナム・カーターのイメージとしては「ファイト・クラブ」や「ハリー・ポッター」のイメージが強いけれど(「アリス・イン・ワンダーランド」の赤の女王もかなり強烈。ポスターを見ただけだけれど、とてもすさまじいメイク(((゜д゜;))))、こういう役も...っていうかこういう役からどうして強烈な役にシフトしていったのだろう( ゜ ▽ ゜ ;)

プッチーニのアリアがいつまでも心に響きわたる:*:・( ̄∀ ̄)・:*:(2010/03/04)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ