ここから本文です

夏の嵐 (1954)

LIVIA/SENSO/WANTON CONTESSA

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
  • みたいムービー 24
  • みたログ 153

3.66 / 評価:35件

好きです

  • yesyes さん
  • 2017年6月7日 16時31分
  • 閲覧数 764
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんか古臭そうな映画だなぁとあまり期待せずに観たら、どんどん面白く(怖く)なっていって、ラストは「えーこわッ!!」と衝撃的でした。
ヒロインが彼のために賄賂用の大金をとりに行くシーンの演出は、大事なものが音を立てて崩壊していき、破滅への扉を開けて突き進んでいってしまう感じが見えて印象的でした。
そして恋の衝動というものは、脳のバグ(ほとんど性欲)であり、ほんとあてにならないものだなぁと改めて痛感しました。
まぁそういうところが「人間らしさ」というもので面白いところなのかもしれないのですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ゴージャス
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ