ここから本文です

ナポレオン (1926)

NAPOLEON

監督
アベル・ガンス
  • みたいムービー 10
  • みたログ 40

4.21 / 評価:19件

肩透かしを食ったたような、伝記のような、

  • 百兵映 さん
  • 2016年2月19日 13時37分
  • 閲覧数 793
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 まるで従軍カメラマンが撮ったかのような錯覚をもたされる。それはそれでいいのだが、……

 無声映画でフランス映画のはずが、アメリカで編集したものらしく、英語での字幕、フルオーケストラが流れっ放し、それもフランス国歌もどきの繰り返しにイライラさせられる。やっと正調?国歌が鳴ったと思ったら、イタリアで終わり。肝心のこれからが無い。

 実写風の歴史教材資料といえるが、何とも過不足が多い。後半生がないのだったら再編集して120分程度に縮小していい。再編集をするのだったら音楽を除けてアフレコで会話やナレーションを程よく加える方がいい。

 肝心の「これから」が無いというのは、同時代のベートーベンが言ったという「奴も俗物に過ぎなかったか」の「俗物」加減を映していないのだ。この映画のままでは、彼は「英雄」であり伝説で終る。信奉者であったベートーベンさえも失望し・憤激させたのは何であったか。俗物(皇帝に即位した)になって、その後……、それがなくてはならぬ。

 ちょっと肩透かしを食った感じ。今日は今から『英雄交響曲』を聴く。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ