ここから本文です

ニア・ダーク/月夜の出来事 (1987)

NEAR DARK

監督
キャスリン・ビグロー
  • みたいムービー 20
  • みたログ 99

3.54 / 評価:50件

吸血鬼たち、ビグロー監督の夜明け前

  • AUKJetspeed さん
  • 2011年5月8日 10時05分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作の監督でもあるキャサスリン・ビグロー監督のオスカー受賞作「ハートロッカー」。
これを「つまらない」とか「よくわからない」という意見が多々あるが、
それ自体、個人的に理解ができない。

いち映画ファンとして、「仕事・職業映画」として観るのであれば、
全く持ってのめり込んでしまう作品であることは間違いないのだが。。?

従来の「戦争映画」として観てしまうと、製作者の意図とは異なってしまう。
(酷評の大半は、この観方が多い。)

キャスリン・ビグロー監督作品群は、おそらくきっとそこ(観点)が落とし穴でもあり、
稀な魅力でもある。。

本作も、しかり。

「ドラキュラ」をモチーフしているが、
「ホラー」のようでいて、「西部劇」を意識しているかのようで、
しかし実はそれらはテイストだけで、
本質は「家族(人間)=絆(ヴァンパイア)」のように思う。

しかしながら、上手くまとめすぎた感は否めないような。。。
でも、必見の作品には間違いない。

>>

【おはなし】
ある夜、男はまぶしいほどの美女を、さびれた自分の住む町で見かける。
もちろん、声をかける。
もちろん、素敵な一夜を望む。
もちろん、できればずっと一緒にいたい。
という魅力的な美女。

やっとこさ、キスができた思うたら、
いだっ!!首筋を噛まれた~でも、ちょっと気持ちイ。。。!
まて~、コンニャロ~!!
と追いかけるが、もう追いつけず、走れず、ふらふら。。
我が家までもうちょい、小さな妹とオヤジが見える。
もうすぐだ。。。

と、ここである連中にさらわれてしまう。
男の運命やいかに。。


というお話。

いまでこそ、新鮮味などは欠けてしまうのかもしれないが、
なぜか、引っぱっていく面白さはある。

おそらく下記に要因があると思う、

・出演者、主に脇に回っているヴァンパイア連中の怪演。
 (ビル・パクストン、。。など当時「エイリアン2」で注目をさらったトリオが脚本に惚れ込み出演している。)
・ヒロイン?のヴァンパイアの美しさ。
そして、
・主人公を助けようとする妹と、そのオヤジ。

これらの要素が上手く自分の好みに合えば、間違いなく楽しめる!

>>
強いて言うならば、父親の親心が唐突に感じなくもないのだが、
もう少し、親子の背景を描いてくれればもっともっと心に響いたのでは?

そして、ラストカット。(※ネタばれじゃないです。)
静止画になるんだが、これはこれで非常に意味深な終わりに感じてしまうのは僕だけだろうか??

>>

「血」を吸う、ヴァンパイア。
「血」を吸う、モスキート(蚊)。

リアルに嫌なのは、「蚊」だな。
血を吸われてもいいが、痒くなるのは腹が立つ。
(うちの娘にいたっては、腫れてしまうほど。)
あと、就寝時に耳元で聞こえる羽の音。
今、梅雨真っ只中なここ沖縄では、もうすぐそんな季節の到来。。。

そして、ホラー映画が欲しくなる季節がやってくる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ