ここから本文です

ニール・サイモンの キャッシュマン (1983)

MAX DUGAN RETURNS

監督
ハーバート・ロス
  • みたいムービー 5
  • みたログ 35

4.09 / 評価:11件

人生の選択順位を問うた傑作コメディ☆

  • Kurosawapapa さん
  • 2014年11月4日 7時23分
  • 閲覧数 515
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督ハーバート・ロス、脚本ニール・サイモン、主演マーシャ・メイソンと、名作「グッバイガール(1977年)」のトリオが、再び揃った作品。

会話劇を中心としたニール・サイモンらしい “コミカル” で “軽妙” なタッチになっている。

=======
夫と死別し15歳の息子マイケルを抱え、生活に苦労する女教師ノラ(マーシャ・メイソン)。
偶然知り合った刑事のブライアン(ドナルド・サザーランド)と、いい関係になりそうだったところに、ある日突然、28年前に蒸発した父親マックス(ジェーソン・ロバーツ)が帰ってくる。
マックスは68万ドルという大金をキャッシュで持参、警察とギャングに追われる身だった。
=======

・主人公のノラ と 父マックスの関係
・祖父 と 孫の関係
・ノラ と 想いを寄せ合う刑事ブライアンの関係

構築された人間関係によって、
人と人との “距離感” が絶妙なタッチで描かれた本作。

マックスの所持する大金は、決して奇麗なお金ではないので、
それに伴った罪悪感、子供にとっての道徳的問題、コンプライアンスの問題も発生。

少々ありえないような話でも、
ニール・サイモンの巧みなシナリオによって、リアリティーを失わない。

また、たびたび絡んでくる隣のおばちゃんや、巧妙な嘘のつきかた、様々な哲学など、 テクニカル で 笑える 名台詞の数々☆

ノラが教えている生徒が、従妹のためにテストの解答を教えてしまうくだりなど、
“家族” と “道徳” どちらを選ぶかという暗喩も、実に上手い!


本作を鑑賞していると、
ふと、人生の優先順位を考えさせられます。

*恋
*お金
*法律
*家族と一緒にいる時間
*そして 命 

人生にとって、大切な選択肢とは、、、

切なくて、 コミカルで、 ハートフル。
最後は、爽やかな風を吹かせてくれる秀作。

ニール・サイモンが書いた作品の中では、
自分にとっては、1・2を競うほどの逸品。

絶品手腕が冴え渡る名作です☆

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ