ここから本文です

肉体の悪魔 (1971)

THE DEVILS

監督
ケン・ラッセル
  • みたいムービー 11
  • みたログ 17

3.27 / 評価:11件

魔女裁判の政治性を抉り出す

  • iwa***** さん
  • 2009年5月3日 18時50分
  • 閲覧数 637
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

“魔女”と言えばミシュレの著作抜きには考え辛いが、映画ではドライエル「裁かるるジャンヌ」、カワレロウィッチの「尼僧ヨアンナ」等と共に本作抜きでは語ることができないだろう。
オーダス・ハクスリーの原作「ルーダンの悪魔」に拠るとはいえ、「恋する女たち」でロレンスに取り組んだケン・ラッセル監督が“狂気”に隠した儀式性を余りにも流麗な映像で語っている為、メッセージ性が著しく弱まっているのが惜しまれる。
アメリカの魔女狩り「イナゴの日」では単純に狂気化してしまい失敗した。トーマス・マンの「マリオと魔術師」で示した“狂気”の分析まで表現できれば大傑作になったであろう。
ヒエロニムス・ボッシュの「悦楽の園」を思い出させるような、死屍累々たる廃墟となったルーダン市民の愚かさは、我利我欲に縛られた現代人と無縁ではない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ