レビュー一覧に戻る
逃げ去る恋

逃げ去る恋

L' AMOUR EN FUITE/LOVE ON THE RUN

PG1296

スーザン

4.0

アントワーヌとうとうお別れ。

アントワーヌシリーズ5作目。 これで最終章とは淋しい限りである。 ここまで観ると、彼の優柔不断さも頼りなさも子供っぽさも、そしてあのひょうひょうとした仕草も、なんと愛おしくなってくることか。 まさに“われらが”アントワーヌ君、なのである。 今回は、前4作の迷(?)場面がふんだんに挿入されており、ファンサービス満載。 そしてあの初恋相手のコレットが魅力的な女性になって登場。 クリスチーヌや新しい恋人も交えて、女性たちのつながりもオモシロ楽しく描かれる。 映画はここで終わるが、アントワーヌ君の恋の遍歴はこれで最終章とは思えない。 彼は一生女性たちの間を忙しく行ったり来たりするのであろう。

閲覧数555