ニューヨーク・ストーリー
3.3

/ 67

13%
19%
49%
16%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • yam********

    5.0

    マーティンスコセッシ

    クリエイターは悲しみの中でした創作出来ない。 クラプトンのティアーズヘブンもフレディのボヘミアンラプソディーも。たぶんマーティンにもそんな時代があったのでしょうね。でもその不幸さえもちゃんと作品に昇華しみんなを感動させ、お金を稼がことの出来る骨太な男たちに乾杯。

  • kuk********

    5.0

    ネタバレこれがニューヨークか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • おおぶね

    5.0

    ウディ・アレンの分だけ十分

     これもニューヨークに行ったことがあるのが自慢の妻が借りてきた。  「ニューヨーク アイ・ラブ・ユー」と同じオムニバスだ。  どれも悪くないけど、ウディ・アレンのが最高だ。  これだけ荒唐無稽な映画を作って破綻がない。  『カイロの紫のバラ』では映画に食い入るミア・ファーローの前にヒーローが出てくるという内容だったが、こちらもなかなか。  Jewish motherというと日本と同じように「教育ママ」を指す。  出てくるのは究極のママである。  お母さんが亡くなった夢を見たというところが秀逸。  消えるマジックからの話はウディ・アレンらしさがあふれている。  ママが消えたらセックスまでよくなった、というところがいい。  カスカート&クライン『プラトンとかものはし、バーに寄り道』(ランダムハウス講談社)にはこんなジョークが出ているが、反証可能性のない話で、カール・ポパーが知ったら激怒するだろうが、占い師も似たようなことをやっている。いや、精神分析のお医者さんは占い師と同じことをやっている!? 患者「ゆうべ、女優のジェニファー・ロペスと歌手【ママ】のアンジェリーナ・ジョリーを、ベッドで抱いている夢を見たんです。三人で一晩中、セックスをしまくるんです」 精神科医「あなたは明らかに、母親と寝たいという根深い欲望をもってるんですよ」 患者「なんですって! ふたりとも母親には、ぜんぜん似てませんでしたよ」 精神科医「わかりました! 心理学でいう行動形成です! あなたは明らかに、母親と寝たいという、ほんとうの欲望を抑圧してるんですよ」  超能力者との出会いも傑作だ。  瀬尾まいこの『強運の持ち主』はまさにこれを題材にした小説だ。OL稼業に嫌気をさして占い師に転職した女性ルイーズ・吉田(本名は「吉田幸子」!)が主人公で、彼女の先生であるジュリエ青柳という占い師は「結局適当なことを言って、来た人の背中を押してあげるのが仕事なのよ」と「いかさまのようないかしたことを言う」人だ。 わずか一日の研修で占いを始めるのだが、結構当たると思われて、強運の恋人の通彦までゲットしてしまう。自分でも偽物だということを知っているので、自省の心を持っているというお話だ。  日本の男性はマザコンが多いとされるが、ユダヤ人もなかなかのものらしい。  一番すごいのはイタリア人だとされ、あれだけ女をくどく男たちがママには頭が上がらない。  アルベルト・トンバがアルペンだけじゃなくて、滑降(ダウンヒル)をやったら、といわれて断ったのはママのせいだ、という話だったが、ウィキには祖母に「危ないから出るのを止めなさい」と言われたため出場することはなかったと書いてある。まあ、マザコンと似たようなものだ。  だって、驚いた時に「マンマ・ミーア」と叫ぶのも「お母ちゃん」と泣く日本のガキと変わらない。この場合の「マンマ」は「マリアさま」ではと聞かれたことがあるが、調べたらやっぱりママの意味だった。    僕もマザコンと見られることが多い方の人間だった。  それでも、学校で「世界で一番尊敬する人は?」という問いに「お父さんとお母さんです」とけなげに答える同級生が信じられなかった。  マンマ・ミーア!

  • a_h********

    4.0

    そこそこ

    何気ない日常感というか、だらだらと奇想天外なことがおこる街、としてニューヨークを描いている短編3作なので、基本的に起伏はない。 リラックスしてみるのによい。 スコセッシの芸術家の話はけっこうふつうに面白い。 コッポラのフルート奏者の娘の話はその娘役の子がかわいい。 ウディアレンの母嫌いの男の話は、まあウディアレンっぽいなという感じ。 どれもそこそこ、でもあえて順位をつけるならうえの順番のとおり。 最強の巨匠が集まった割にはそれほど面白くはないので、この点数はまあ妥当かなと思う。 決して悪くはない。

  • abu********

    3.0

    まずまず

    一番面白かったのがウディ・アレンのやつかな。 母親と息子の絶妙なコメディ。発想の素晴らしさ。 やっぱりウディ・アレンは天才ですね。 次によかったのがスコセッシのやつ。 コッポラのはほとんど印象にない、、、。

  • pj_********

    3.0

    一昔前、NYにて

    オムニバスだしね。 ちょっと内容が、薄い印象でした。でも、まあ。 一昔前の、ニューヨークを感じることは、少なからず、できる、と。

  • fbx********

    2.0

    期待してはみたけれど

    アメリカを代表する三人の俊英。 期待するなと言う方が無理。 しかし・・・三人寄れば文殊の知恵とはならず。 特にコッポラは???? まあ、コッポラは出来不出来は激しいので仕方ないが スコセッシには失望。 アレンが一番いい。

  • tos********

    4.0

    ニューヨーク・センチメンタル 1

    古い日記帳を開いた。 - 1988年6月27日  日本・雨  NY・晴 - 今日は6:30AMに起きて親父の車で成田空港へ。 「もう20年も前になるのかぁ…」 なんの責任も無く、なにも背負っていない頃の自分が日記の中にいる。 そこに書かれた文字を読み返すとあの頃の記憶が鮮明に蘇る。 お気に入りの映画、好きなミュージシャンの影響で憧れたニューヨーク。 その街に行きたくて朝から晩まで寝る間も惜しんでバイトしたっけな。 自由の女神、セントラルパーク、エンパイアステートビル ロックフェラーセンター、ブルックリン橋、グランドセントラル駅 ウォール街、ブロードウェイ、タイムズスクエア、ソーホー、 チャイナタウン、メトロポリタン美術館、アメリカ自然史博物館、 マディソンスクエアガーデン、イエローキャブ、サブウェイ 世界中の誰もが知っている映画村【マンハッタン】 そこは、まるで巨大な映画のセットだ。 キングコングがビルに登り、マリリン・モンローがスカートをまくられ、 オードリーが朝食を食べ、デ・ニーロが孤独なドライバーとなった街。 「ニューヨーク」 ゴジラやTレックス、マクレーン刑事が暴れ、 メグ・ライアンやデミ・ムーア、ウィノナライダーが恋をして、 スパイダーマンが飛び回り、博物館の展示物が夜になると動き出す街。 「ニューヨーク」 その巨大なセットを使わせたらピカイチの才能を発揮する3人の巨匠監督によるオムニバス。 公開当時、渋谷の劇場で鑑賞。 【ライフレッスン】に感動して興奮しながらスペイン坂を歩いた覚えがある。 【ライフレッスン/マーティン・スコセッシ】ニック・ノルティ×ロザンナ・アークエット ⇒画家と弟子。 ソーホー。 繰り返されるプロコハルムの「青い影」 地下ディスコ「トンネル」  モデルはドフトエスキーと、その愛人。 怒りや嫉妬という激情を絵筆にのせてキャンバスに叩きつける絵描きの話。 圧倒的パワーと物悲しさが同居するドビーは、まさにニューヨークの街そのものに見える。 【ゾイのいない生活/フランシス・コッポラ】ヘザー・マコーム×タリア・シャイア ⇒シェリーネザーランド・ホテル。 ロックフェラーセンター。 ロシアンティールーム。  ソフィア・コッポラがシャネルで仕事をしていた関係で衣装はすべてシャネル。 ニューヨーカーの夢物語。 父親はミュージシャン、母親はカメラマン。当時のニューヨーカー憧れの職業。 ホテルでのハイソな暮らし。週末のパーティー。家事・育児は執事任せ。 富も名誉も手に入れたニューヨーカーに足りないもの、それは家族の絆。 本当の幸せとは何か教えてくれたのは最愛の娘ゾイだったという心温まる話。 【エディプス・コンプレックス/ウディ・アレン】ウディ・アレン×ミア・ファロー ⇒タバーン・オン・ザ・グリーン。 ニューヨークという街は、「ジューヨーク」と呼ばれるくらいユダヤ人が住んでいる。 そして、怪しげな宗教や、呪術の中心地といっても過言ではない。 まるで、小さな子供のように母親を怖がる「大人になりきれない男」 ユダヤ人、呪術流行り、親離れできない男。  ニューヨークならではの題材を、ユーモアと皮肉というスパイスでウッディが料理した佳作。 「ニューヨーク」でなければ撮れない映画。 まさに「ニューヨーク・ストーリー」だ。 一日中、教会の階段で本を読んでいても違和感の無い街。 サブウェイの車内でホームレスが、空き缶を片手に自己主張している街。 クラクションとサイレンが絶え間なく鳴り響いている街。 様々な民族が誇りを持って生きている街。 ティファニーとホットドックの街。 一人で何ヶ月いても飽きない街。 この街には他の街にない独特のパワーがある。 そのパワーに負けない人たちが暮らしている。 僕の目には、この街が途轍もなく魅力的に映る。 その魅力は今もなお、僕の中で輝き続けているのだ。 【ライフレッスン】に心奪われたあのころのまま。 「映画とニューヨーク。そして僕~あるいはニューヨーク・センチメンタル」 憧れていた街から思い出の街へと姿を変えた今。 また綴ってみたいテーマとして僕の中に存在している。

  • und********

    3.0

    気軽に

    気軽に観ればいい。この種のオムニバス作品で高水準を求めるのは無理な話。ちょっとした小話を楽しむ感覚で観て、それなりに楽しめた。 ウディ・アレンはやはり頭一つ抜けてた。彼は短編もこなせる事を証明した。

  • gre********

    3.0

    ネタバレニューヨーク・ストーリー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ami********

    3.0

    MOTTAINAI;

    NYを舞台にした3話構成のオムニバスストーリー。 どのお話も、NYじゃなきゃ!って必然性がそんなには感じられないのが残念。 (って、実はNY行ったことないんだけど;) また、スコセッシ、コッポラ、ウッディの豪華3巨匠!が監督してるので、 映画通の人は作風を比較したりして楽しむのかな。 (私はそんなに通じゃないので;) 個人的には、ウッディ・アレンの3話目だけが収穫でした。 かなり、ウケた(笑 ああきたか~(一歩間違えばおバカ映画ですよ!) ウッディにとってのNY。外ではいつも見張られてて、外野からも無責任にいろいろ言われて。 ちょっとかわいそう、、でも、彼の場合はいつも自らかわいそうに演出してるからな(笑 ま、3話とも短いわりには良くまとまってはいます。 でも、なんだかあまり総合的に評価できないのは、 「3巨匠がNYを舞台にして作品を撮りました」以上。アイデア終わり!他に何か? ってかんじだからでしょうか。 せっかくの豪華3巨匠が、、、プロデューサー(いないのか?)もっと仕事しろー! 巨匠への遠慮はReduce、 オマージュでもいいからアイデアReuse、 巨匠の才能はRecycleして欲しかったです。 (ちょっとコジツケ;)

  • pum********

    3.0

    スコセッシとはやっぱり合わない

    人に薦められまくって、 半ば強引に見せられたのですが(笑)、 名の知れた巨匠の作品と言うだけあって、 結構、それなりに楽しめました。 ただ、スコセッシ作品は個人的にはなし。 実は、スコセッシ作品と知らず、 と言うか、全話誰が監督したか知らずに観たのですが、 1話目は個人的に×。 見ていてもイライラしますし、 結末も結局それかい、と言った感じで。 まぁ確かにリアルなのかもしれませんが、 波乱万丈でもなく、映画でそんなものを見ても、と言う感じ。 個人的にはマセた少女が活躍する2作目が一番いいですかね。 なにかホームアローンの様なホノボノな笑いがあり、 何より全体的に楽しませようという感じが前面に出ている エンターテイメント作品であったので。 コッポでしたね。 さすが、コッポラ。 個人的に(笑いの)ツボだったジーパーズクリーパーズの製作総指揮を務めていただけあります。 ウディ・アレンの3作目は、おかんがオモロイ。 一言一言が、理不尽だけどユニークで。 ただ、肝心の消えてからは少々影が薄くなり、 また、最終的なオチもしっくりこない感じも。 謎も放り投げっぱなしですし。 個々の色が出ている3話オムニバスの映画でしたが、 ただ、舞台がニューヨークと言うだけでそれぞれが好き勝手な部分もあり、 もう少しコンセプトを共通させるべきかもとは思います。 ファンタジーとリアルが混在するのは。 まぁそれでも、 スコセッシ、コッポラ、ウディと順にリアル→ファンタジーに変化していますので、 ある意味バランスは取れてるのかもしれませんが。

  • yuk********

    3.0

    ネタバレニューヨーク

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mip********

    3.0

    なかなか

    ニックノルティがgoodだ。画面に現れる油絵とラジカセから流れる音楽がNYを感じさせてくれる。スコセッシらしい短編。

1 ページ/1 ページ中