ここから本文です

紐育の波止場 (1928)

THE DOCKS OF NEW YORK

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
  • みたいムービー 2
  • みたログ 17

3.60 / 評価:5件

ニューヨークは、サイレントがいい。

  • 百兵映 さん
  • 2014年8月27日 18時31分
  • 閲覧数 564
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

同じような題名の映画を観たような気がしたのだが、それは『波止場(On the Waterfront)』だった。それに対してこちらは『紐育の波止場(The Docks of New York)』。邦題は似ているが原題は全然違う。が、どちらも紐育(New York)の港湾が舞台。WaterfrontだろうがDocksであろうが、日本語では波止場で構わない。荒っぽい男たちの汐っぽい汗の臭いがプンプンと感じられる。

画面から感じられるニューヨークの港は、1928年と1954年の26年の差(進化?)はないようだ。違うのは『紐育…』がサイレント映画だということ。ストーリーは単純なラブロマンスだが、モノクロ & サイレントならではの雰囲気がある。

ニューヨークにもこういう時代があったのだ、こういうサイレント映画があったのだ、こういうロマンスがあったのだ、と学校では習わなかったアメリカを覗いた気がする。そしてまた、繁栄を極める現代のアメリカも、実は同じじゃないのか、などとも思う。今のニューヨークは賑やか過ぎるのだ。はしゃぎ過ぎだ。しばらく、自らの姿をサイレントで描写して見てはどうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ