E.T.

E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL

115
E.T.
4.1

/ 1,810

42%
33%
20%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(232件)


  • wxg********

    5.0

    冒頭の小ネタ(ネタバレなし)

    映画の内容は申し分なく五つ星 ここで、冒頭のシーンから小ネタを披露 少年たちが遊んでいたボードゲームはD&D(ダンジョンズアンドドラゴンズ)と呼ばれるテーブルトークのRPG 日本ではドラクエの方が有名だけど、その原点とも言えるD&Dが日常の遊びとして生活に溶け込んでいる姿に感動しました。

  • xuw********

    5.0

    大好き!!

    小学生のときに映画館で3回観た程、大好きな映画でした。映画館で初めて観た映画なので、特に思い出の詰まった映画です。テレビで20歳の娘と一緒に観て懐かしいやら感動するやらで、涙涙。特にクライマックスの夕焼けのシーンからラストまでの目が離せない時の音楽!大人になった今では子どもの時に意識しなかった音楽と映像のハーモニーに感動をいただきました。ETはいつまでもエリオットと同時に私の心にいます。ありがとう♡昔の映画だからこそ出せる良さがあり、やはり名作中の名作。永遠の名作です!

  • unc********

    5.0

    ネタバレ名シーンがたくさん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bak********

    3.0

    小学生向けの感動演出

    少年たちの演技はよかったですが、台詞が少なくて効果音や音楽の存在感が大きすぎるので、大人にとっては演出に感動させようという意図が見え見えに思えました。 好奇心のある小学生の子供なら感動できて高評価だと思いますが。

  • hik********

    5.0

    決して子供騙しの映画なんかじゃない!

    こんなものは子供騙しだと言う人もいますが、もしこれが本当に子供騙しの映画なら、ラストに少年エリオットはE.T.に誘われるがまま、共に行ってしまった事でしょう。 しかしエリオットは断りました。大好きなE.T.と、自ら別れることを選びました。 ここに、エリオットの心の成長が表れているのです。 同時に、母子家庭の寂しさを抱えていた少年が、その辛さを乗り越えたというメタファーでもあるのです。 夢、ロマン、ファンタジー、友情。 あらゆる素敵な魔法が詰まった、子供から大人まで心の琴線に触れる、言わずと知れた名作です。

  • aau********

    5.0

    奇跡のような映画

    これほどエモーショナルな映画は他にありません。芸術的価値も高いと思います。テレビでカットされたこの作品を観て、E.Tと言う作品を観た気になっていてはダメです。カットして良い場面など1秒たりともありません。ちゃんとノーカット版をご覧になってください。

  • pome

    5.0

    40周年

    色褪せない名作

  • シネマバカ一代。

    4.0

    ネタバレE.tおうち電話。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • JUNJUN

    5.0

    感想

    素晴らしいファンタジー映画です。 ストーリーもいいけど、音楽が本当に素晴らしい。 ファミリーでゆっくり観てください。

  • バレーリバー123

    5.0

    名作とは

    子供の時に、映画館で観て、大人になってもTVで観たのに、やはり感動した。 これぞ名作だと思う。

  • sia********

    5.0

    ともだちが無かった

    ETのストーリーは知っていたが、部分部分でしか見たことがなく、今回しっかり全部を見てみた。 記憶では少年とETが指と指を合わせて、ともだちというシーンがあると思っていたが、無かった事に一番驚いた! 見逃したかと思ったほど、ある意味そこを見たかったので、呆気に取られた。この記憶は一体何だったのか!?もはや、これさえも、今となってはET並みに不思議な体験をした気分。 古い映画だが、今見ても面白かった。 ETが可愛く見えるし、少年との友情がよい。

  • bat********

    4.0

    ネタバレいつまでも心に残る友情物語に感動する

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yok********

    5.0

    ネタバレEternal Treasure

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aal********

    4.0

    ネタバレ期待し過ぎたかな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレ作品賞候補となった数少ないSF映画の一本。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    4.0

    イツモ、ココニ、イルヨ!

    BS日テレ『日曜ロードショー』で鑑賞! 2021年4月4日(日)放送分を録画で! 今年オイラが観た156本目の映画! 地球の植物採集に来ていた宇宙人達! 宇宙服どころか、パンツすらはいていない、素っ裸で! 服を着るというのは、地球人特有のものなのかな! 杉の幼木を引っこ抜いたり、街の夜景に見とれたりしているうちに、鍵の男達地球人が数台の車でやって来て、追いかけ回したもんだから、慌てて逃げ出した宇宙船に乗り遅れ、一人、置いてけぼりを食らってしまった! 地球人には捕まらなかったものの、寂しげな一人ぼっちの宇宙人! それが、逃げ込んだ家の物置で、エリオット(ヘンリー・トーマス)と出会い、E.T.と名付けられ、仲良くなっていく! 心が通じ合った2人、E.T.がビールを飲めばエリオットが酔っ払い、E.T.がマンガで『助けて!助けて!』というシーンを見たらエリオットが解剖用のカエルを助けてやったり、E.T.がテレビで映画の踊ってキスするシーンを見たらエリオットが同級生の女の子と踊ってキスしたり! いや、これじゃあ、エリオットはE.T.のあやつり人形みたいだし! 故郷の星に帰りたいE.T.! おもちゃなどのガラクタを組み合わせて発信器を作り、宇宙船を呼ぶ! 頭が良いんだか、良くないんだか、よくわからない! 少年時代の日常生活のあるあると、テレビや漫画からのインスピレーションでいろいろ妄想した思い出など、誰もが経験したことと、宇宙からやって来た異形のE.T.との心の触れ合いを絡めて行く中で、自身は宇宙に飛び出して行ったりはしないけど、日常生活の範囲内での、アドベンチャーが味わえる映画となっている! 最後のお別れのとき、E.T.はエリオットを一緒に行こうと誘うが、エリオットは地球に残ると、断わる! 一緒に行ってしまうと、今度は自分が、一人で寂しい思いをすることはわかっているし、E.T.とは、遠く離れていても、心はいつも通じ合っていることがわかっているから! 満月や夕陽をバックに、自転車で空に飛び立つシーンは、いつとなくどことなく、何度も聞いて耳に残っているあの有名な音楽に盛り上げられ、感動してしまうのは、どういう効果か!? 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • ANNE

    5.0

    永遠に色褪せることのない名作

    画像の粗さやCG技術の甘さなんて全く気にならない名作中の名作。スピルバーグ監督がこれ以上のものは作れないというのも納得できる。きっと現代版ETなんて作ろうものなら大シラケになるだろう。 あの時代のアメリカ風景もとても趣がある。妹役の幼きドリューバリモアが、ETを本物だと思って演じていたなんて、可愛いですね。子供たちの演技も一生懸命で迫真です。 異星人は私たちのすぐ近くに存在します。新しい学校、職場、コミュニティ、出会ったことのない場所や人、見たことのないものに人は畏怖を感じます。 馴染めるだろうか?理解し合えるだろうか?そうして不安なからも交流をしてわかり合えたりわかり合えなかったり。そして別れのときは必ずやってくる。 国籍や国が違っても、生まれた天体が違っても!?友達になれる。そんなところに感動してしまいました。幼い子供たちならできること、大人になるとなかなかできなくなってしまいますよね。 4分間の続編はエリオット役のご本人が演じていて、私は結構好きです。映画にしたらシラケるだろうけど、4分間だからちょうどいいかな。 永遠に色褪せることのない名作です。

  • tyx********

    5.0

    アメリカカリフォルニア郊外の

    閑静な住宅街フェルナンドバレーの風景、夜の森… 全てが秀逸 80年代といういい時代もあいなって 歴史に残る洋画名作

  • ara********

    3.0

    再評価

    子供ながらに見た作品だが、 久しぶりに見てみて、評価のし直しをしてみた。 まず、時代を考えれば内容の稚拙さ、設定のテキトーさ、 映像の質、それなりに差し引きするところがある。 この映画ができた頃はいろんな特撮技術に進展があり、 誰もが特撮技術に注目したし、多くのSF映画がそこに重点を置いて制作された。 スピルバーグの名声を高めたのもこういう映画で使われた 特殊効果があってこそだと思う。 いろいろあるが、トータルで正しく評価すれば、★3。 4は、正直あげられない。 話の展開、内容が稚拙すぎる、プロットがイマイチ。 まあテーマがテーマだけに仕方ない面もあるが、 過大評価されすぎた映画の一つと言えると思う。 SF映画としては、名作の一つではあるが、 あくまで数ある中の一つ。 映画作品としては★3つ。

  • いまるさん

    4.0

    当時にしてはすごい

    中学生のころ好きでリピート見し、25年ぶりに鑑賞。内容忘れてましたね、チャリ空中のシーンは本当に名シーン。 子供達の五人でチャリで逃げるシーン、アスリートです、かっこいい。 ドリューバリモア、あんなにかわいかったんだ!

1 ページ/12 ページ中