レビュー一覧に戻る
E.T.

E.T.

E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL

115

yok********

5.0

ネタバレEternal Treasure

あまりに有名すぎて見た気になっていましたが、見ていなかったようで、40年近い時を経て新鮮に感動することができました。 SFカテゴリーだと時代の実力差も出やすいというのに、しみじみ、ビジュアル効果が全てじゃない。そこに想いがあり、絶妙な演出があれば完璧なのだ、と思い知らされました。 あの音楽と月夜にママチャリが横切るシーン。 この2つで十分語り継がれるインパクトを残しつつ、全体としても感動の仕上がり。 ETはどうみてもかわいくありません。わざとギャップ狙いでそう作ってるのでは、と思うほど、初対面では目を背けたくなるほど、なかなかのビジュアル。 それなのに、片言の人間言葉で取るコミュニケーションの言葉のセレクションと、タイミングがもう絶妙で、なんともいえない愛らしさがあります。 更に、故郷に帰りたい気持ち。 日本人だとか、外国人だとか、宇宙人だとか、時代とか、全てを超越した気持ちが軸になっているので、その想いがすっ、となじみます。 冒頭、兄と友人たちに小馬鹿にされていたエリオットはETとの交流を通じて、成長し、後半には彼らを惹きつけてET救出作戦に挑むほどになります。 妹も含め子供たちとのやりとりは可愛らしい。サイズ感、コミュニケーションのとりやすさ、異形を受け止める垣根の低さ、宇宙人を連れてきてその相方に子供を持ってきたところがらまた心憎い。  エリオットが最初はETと2人、次は兄たちと、ママチャリが空に浮かぶシーン。音楽と相まって強烈なインパクトを残します。 日常が突然冒険になる、そんな切り替えの象徴。 そして、本当はETを手放したくない。ずっと一緒にいたい存在なのに、故郷に帰りたい気持ちを理解するところにも成長を感じます。 今見ても色褪せない魅力に愕きました。 映画界の永遠の宝です。

閲覧数1,252