レビュー一覧に戻る
家

BURNT OFFERINGS

116

スーザン

4.0

カレン・ブラックの顔が怖すぎる!

70年代オカルト映画はとにかく怖い。 本作はお化け系もグロも血まみれも無いが、役者とムードで強烈なインパクトを放つ。 じわりじわりと何かに侵されてゆく雰囲気が良い。 そしてカレン・ブラック、オリバー・リード、ベティ・デイビスらの・・・濃厚な怪演バトルが見ものである。 ひと夏のバカンスに、と一家が借りた家は、人間の魂を吸い取って自ら再生するという設定。 最初は父親が何やらおかしくなって行ったのだが(息子をプールで溺れさせるシーンは強烈に怖い)だんだんと母親にも異変が。 ラストの彼女の顔はゾゾ~ッである!

閲覧数817