ネイキッド

NAKED

126
ネイキッド
2.8

/ 18

6%
28%
28%
17%
22%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

絶望的50.0%不気味25.0%知的25.0%

  • Halkyun

    1.0

    やっと見ることができました

    TSUTAYAの渋谷店でVHSを借りて、やっと見ることができました

  • 1.0

    退屈

    ひたすらに退屈。 日本語訳だとなかなかニュアンスの違いもあり伝わらない。 ストーリー的にも盛り上がりもなく 平坦で 登場人物もみな淡白。各々の人物像に惹かれるとこもなければ嫌いになる要素もない。 メッセージ性も特に感じられず 何をどのような視点で見ていいのかも分からない。 つまらない日常のワンシーンをたれ流されただけで あとの解釈は勝手にどうぞ みたいな。 星一つ。

  • gan********

    1.0

    ニートが社会を見下す

    職もなくフラついて あちこちにあがりこんだり 迷惑をかけて回る どうしようもない男が、 会う人すべてを見下し ひたすら偉そうに説教を垂れるだけの映画。 とはいえ、他の登場人物にも ロクなのは1人も出てきません(笑) 浮浪者やニートのストレス発散にはいいかもですね。 ただ最後、中途半端な天誅のオチはあります。

  • lin********

    4.0

    パッケージ騙されないで

    鑑賞日からかなり時間が経っての投稿ですが… パッケージの絵やストーリーを見る限り、かなり過激にエロティシズムを描く作風、或いはB級映画ともとれてしまいますが、その印象で簡単に敬遠してほしくない良作です! 表記通りSEXの描写にはかなり激しいものがありますが、無意味なものには感じません。 この作品の魂は、辛辣に「生」に向き合っているのです。 キアヌ・リーヴスが94年No.1作品と公言。 カンヌ映画祭の主演男優賞・最優秀監督賞、他、数多くの映画祭で賞を獲得。 マイク・リー監督作品。 これらの事から真面目な映画である事は明白だと思います。 知的で哲学的な作品。 デヴィッド・シューリスの演じる苦悩は必見。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第46回

男優賞監督賞

NY批評家協会賞第59回

男優賞

基本情報


タイトル
ネイキッド

原題
NAKED

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル