レビュー一覧に戻る
ネバーエンディング・ストーリー第2章

ネバーエンディング・ストーリー第2章

THE NEVERENDING STORY II: THE NEXT CHAPTER

90

pow********

4.0

作者は絶賛、観客はイマイチ、俺は好き

作者との関係において、やはりだいぶ配慮せざるおえなくなった本作。確かに・・・間違いなく1作目と矛盾がでている。が・・・これはこれで僕は有りだし好きです。元々そういうややこしいこともあるので多少は大目に見ています。 やっぱりみんな最初にこの2章を見たときにアトレイユに違和感を覚えたことだろう。1はイケメン美少年なのに、2ではややゴリラ系の顔の褐色少年になってしまっている。この改変に怒ったファンは多い。 映画ファン的には1が名作なら2は佳作か駄目かのどちらかに意見が行くだろう。原作者は2は評価しているそうで、ファンの心理とは裏腹に作者には喜んで頂けたようだ。 実を言うと・・・僕は2のアトレイユも実は好きなのである。確かにギャップはすごいけど、これは完全に日本語吹き替え版がもの凄く良い仕事をしていることが関係している。 そうなんです。声優の高山みなみさんが声をあててるので、2のアトレイユもなんかかっこよく見えてくるんです。声の力ってすごいね!!! たぶんこれ・・高山みなみ意外の人がやってたら俺もたぶん2のアトレイユはあり得ないって言ってたと思うんだ。それくらい賛否を分けるくらい大きなことなのである。1のアトレイユの戸田恵子さんもよかったけど、2のアトレイユに高山みなみはさらに良いチョイスだった。 バスチアンに関してはイケメン少年になっててここは良いと思う。 ただ・・・あんまり本を読みそうに見えないけどねw あと日本語吹き替え版では前作では子供の声だったが、青年になった浪川少年の演技と声が堪能できる貴重な作品だ。声が結構変わっている。 2で一番許せないことも実はある。 それは・・・やっぱり「幼心の君」のグレードダウンかな・・・・これはショックだった。原作には近いとは言うけどこれは・・・・ないな。 ストーリーも良い話であり、1ではそこまで詳しく描かれなかったバスチアンの母親のエピソードやバチアンと父の関係が描かれている。 ここが意外に泣けるのである。ニンブリーが物語の中で泣いてしまうのが納得してまうくらい泣けるのです。 ただ主題歌が・・・残念な感じである。 この映画はやはりあのネバーエンディング・ストーリーの歌をフルで聴きたいのに、歌手が別の人に変わり、一番だけ歌っていきなりぶつ切りのように全然テンポの違う曲をエンドロールで流すという・・・何考えてんだスタッフ!!エンドロールも大事な映画の一部だ!!あんな切り方、切り替え方ないだろ!!なんとも残念だ!! トータル・・・・前作が好きな人からすると気になる部分は確かにあるけど、これはこれで素晴らしい名作!!!日本語吹き替え版がオススメ!!!

閲覧数3,635