レビュー一覧に戻る
ネバーエンディング・ストーリー第2章

ネバーエンディング・ストーリー第2章

THE NEVERENDING STORY II: THE NEXT CHAPTER

90

iri********

2.0

突っ込み作

前作は面白かったですけど、続きもんの映画っちゅうのはハズレが多いですね。 1が良かった分、2は落ちるんですね。 原作者ミヒャエル・エンデ氏は第1作の出来あがりにかなりオカンムリらしく、法廷に訴えて自分の名前をクレジットから削らせたそうですが、名前は載ってませんでしたね。 監督には黒澤明、役者はドイツ人、幼ごころの君は日本の和服少女、ファルコンは中国の龍と要望があったそうで、これが通らなかったとか・・・。 そんな経緯がある中、今回の監督は頑張りが実った? のっけから、バスチアンいじめられるんだけど、どうみてもいじめられっ子には見えない!? 学校の飛び込み台でバスチアンが恐がるシーンがあるんだけど、あの高さは普通に怖い! アトレーユの豹変ぶりは何!? 前作であんなに可愛かった子がなぜあんなに老けてるんだ! 最大の突っ込み所はアトレーユが敵に捕まって鏡で高い所から吊るされているのをバスチアンが助けます。 その時敵が現われて2人で戦います。 そう、次ですよ。 びっくりしましたよ! バスチアンが「望み」で武器を手に入れますが、なぜにそれがスプレー缶なんだ!? スプレー缶が出てきた時は爆笑してしまいました。 現実の世界に帰る方法が滝から飛び降りるっていうのはどうかと・・・。 突っ込み満載の作品でした。

閲覧数1,536