ネバーセイ・ネバーアゲイン

NEVER SAY NEVER AGAIN

133
ネバーセイ・ネバーアゲイン
3.3

/ 253

13%
22%
49%
13%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(47件)

かっこいい16.4%セクシー13.8%楽しい11.8%コミカル9.9%勇敢8.6%

  • tat********

    3.0

    当時と今の化学技術の進歩を感じる

    今(2022)見ると、コンピューターがいかにもコンピューターらしい。 核を搭載した、巡航ミサイルをスペクターが奪取。とりもどすべくボンドが活躍する。 それにしても、ボンドがらみの女はいくらなんでもゆる過ぎ・・ ツッコミどころ満載だが、当時はミサイルにワクワクしながら見ていたことを重い出す。科学技術の進歩はスゴイ! ーー 2022/02/18 6

  • しおびしきゅう

    4.0

    二度とごめんだね!

    テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞! 2020年4月24日(金)放送分の録画で! オイラが2022年に観た、57本目の映画! シリーズ第4作の『007/サンダーボール作戦』(1965)を、同じショーン・コネリー主演でリメイクした作品で、シリーズ番外編と呼ばれている! リメイクとは言え、時間は経過して、007ことジェームズ・ボンドは引退して、後進の育成役となっていた! 新しいMから、身体に溜まった毒素を抜けと言われて、入院した病院で、スペクターの秘密特訓を目撃するが、その後刺客に襲われる! そのとき身近にあったビーカーの液体を敵の顔にかけて撃退したが、なんとその最強の液体は、ボンドのおしっこだった! 身体に溜まった毒素がおしっこに出ていたということか! スペクターの、『アラーの涙』計画は、アメリカ軍から核弾頭を盗み出し、世界を脅迫するというもので、核弾頭の在り処を探す為に、007が現場に復帰する! まあ、そういう大筋は、『サンダーボール作戦』と同じだわね! 現地協力者として、のちのMr.ビーン、ローワン・アトキンソンが出ていたね! ショーン・コネリー007とのツーショットは、なんだか貴重のような気がする! 貴重といえば、ボンドとスペクターのラーゴが直接対決するのが、ビリビリ電撃仕掛けのコンピューター・ゲームだというのも、貴重というか、面白い! ここで領地を取り合う最初の国が日本というのも、コンピューターによる無作為抽出で選ばれたことになっているが、なるほどですね! ショーン・コネリーのジェームズ・ボンドがもう一度観たい、ということで作られたんだと思うけど、まあ、言ってしまえば、それ以上でもそれ以下でもなかったかな! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • ステレオ

    3.0

    ネタバレ喜劇?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tok********

    5.0

    ショーン・コネリー登場

    初代ボンド:ショーン・コネリー登場。派手なアクションは少なめかな?やはり年齢を感じる。無理な場面や設定もあるが、やはり面白い。

  • ちゃやぴ

    3.0

    21/1/31

    ルチェぴぃちゃ

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ネバーセイ・ネバーアゲイン

原題
NEVER SAY NEVER AGAIN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-