ここから本文です

眠れぬ夜のために (1984)

INTO THE NIGHT

監督
ジョン・ランディス
  • みたいムービー 15
  • みたログ 253

3.10 / 評価:135件

2回目不要だが、結構ユニークな作品。

  • sou***** さん
  • 2021年3月13日 0時06分
  • 閲覧数 137
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

僕は、時々不眠症になる。
まぁ今のところ、昔会った年配女性のお客様の一言で、上手くコントロールできるような…雰囲気になっているが。
「寝れなかったら寝ないで良い。疲れたら寝れるから。」
そりゃそうだ!と思って以来、何日も不眠に悩む事はなくなった。最悪、導入剤飲むしな、と思ったら逆にリラックス出来るようになった。

ただ以前の経験から知っている。眠れないって本格化したら、ジワジワとボディブローのように効いてくるのだ。最高に不眠症を極めたら、疲れても眠れなくなる地獄。全身が疲れ果てていて、脳みそだけが冴えている。そうなる前に、疲れたら寝れるというリラックス脳に持ち込まないといけない。そこの保険が導入剤あるし!だ。ここに至るまでに、寝れないにスクープせずに、そのうち疲れて寝れるんじゃね?と不眠を重たい出来事にしない事だ。

と、まぁ…不眠の辛さを知ってるだけに、肌感覚で主人公に同情する序盤。おまけに嫁が不倫で、余計に不眠。

寝れねー!と夜中に車を走らせる主人公。車に乗ると眠くなる。コレもあるある。寝たらダメな時に、睡魔がコンニチハ。更にキツいパターン。

ヘトヘト不眠状態で車を滑り込ませた駐車場。そこで事件に巻き込まれて、尚更、眠れない状況に追い込まれる、巻き込まれ型ストーリーだ。

コメディタッチとサスペンスの間を行ったり来たりする演出、僕的に好きと苦手を行ったり来たり挿入曲…。正直、良いのか悪いのか判断つかない内容。

あえて、不眠症経験者から言わせてもらうなら、不眠演出はもっとどエライ感じで良い。立つのも座るのも苦痛なくらい疲弊します。不眠でフェラーリなんか乗る気力が湧くはずもなかろう(笑)。

かなりユニークだとも思うが、なんじゃコレも沢山。
トータルで振れ幅大きく平均点。珍しい作品だよね、こんな感じ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ