レビュー一覧に戻る
眠れぬ夜のために

眠れぬ夜のために

INTO THE NIGHT

115

usa********

5.0

ネタバレ若い頃は良さが分からなかったのね

ジョン・ランディスというとブルースブラザーズのイメージがあって、若い頃見た時はコメディを期待して観た。だから、あまり面白く感じなかった。 先日数十年ぶりに機会があって観たのだけれど、びっくり。面白かった。 若い頃はこの映画の良さが分からなかったのだと思う。 主役のふたりがいい。「何か私に出来ることは?」と優し気な気遣いの言葉を言うけれど、まるで心がこもっていないようにも感じられる妻に、「just love me 」なんて繰り返すジェフ・ゴールドブレムが主人公。 ヒロインのミシェル・ファイファーはとにかく可愛いけれど、滅茶苦茶わがまま。自分勝手。でもね。最後の最後に出てくる愛人の大金持ちの老人には、まるで猫のように甘えている。心の底から大好きだったのがよく分かる。 そしてジェフ・ゴールドブレムに対しても、段々心を開き、信頼していく。 だってこの主人公、一見頼り無さそうだけれど案外しっかりしている。頼りになる。そして理系のお仕事についている。ヒロインは段々「へー」みたいな感じで見直していく。 いいな。わがままなヒロインだけれど、好きな人にはとことん一途なのかも。 そしてデビッド・ボウイ! 画面に出るだけですごい光線が出ています(笑)。 他にも有名な人が出ているみたい(わたしは分からないけれど) 原題は、into the night. 邦題よりやっぱりこのほうがいい。 昼の場面もあるけれど、夜にどっぷりのお話です。

閲覧数2,628