レビュー一覧に戻る
ネメシス

ネメシス

NEMESIS

95

一人旅

3.0

発掘良品を観る #540

TSUTAYA発掘良品よりレンタル。 アルバート・ピュン監督作。 近未来を舞台に、サイボーグの陰謀に立ち向かっていく捜査官を描いたSFアクション。 肉体をサイボーグ化する技術が普及した2020年代を舞台に、自身もサイボーグ化された人間であるLA市警捜査官:アレックス・レインが、機密データの入ったチップを奪ったテロリストを追う中で、人類の支配を企むサイボーグの陰謀に直面していく―という近未来SFアクションで、『ロボコップ』、『ブレードランナー』、『ターミネーター』をブレンドしたような作風となっています。 近未来という設定なのに劇中登場するガジェットが前時代的なものであることに時代を感じますし、キャラクターの服装がスーツや薄着など闘いには不向きなファッションになっている点に違和感を覚えますが、ペキンパー風のスローモーション演出を含め銃撃&爆発シーンを大盤振る舞いしていて、それなりに見応えのあるSFアクションとなっています。 そして特筆すべきはサイボーグ人間の美術で、銃撃で損傷した肉体から機械が露わになる描写は精巧でとてもリアルな作りになっています。

閲覧数894