ネル

NELL

113
ネル
3.4

/ 104

17%
24%
38%
19%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • 森田 拓実

    4.0

    映画日記

    生まれた時から人里離れた山奥に住んでいたため、外の世界を全く知らず独自の言語を用いる女性の物語。 言葉が通じないので表情やジェスチャーだけで表現しなければならない難しい役どころをジョディ・フォスターが見事に演じていて、彼女の女優としての魅力を最大限に引き出している作品の一つだと思います。 また、感情が変化していく様がとても丁寧に描かれていてラストも心地の良い余韻が残る素晴らしい作品でした。

  • もふもふ

    4.0

    とにかくジョディ・フォスターが凄い。

    リーアム・ニーソンと今は亡きナターシャ・リチャードソンの馴れ初め映画とのことで観た。 今より随分若くガリガリに痩せたジョディ・フォスターが鬼気迫る演技を魅せる。 凄い。 リーアムはちょっとゴツ過ぎて役に合わん感じもしたが、後の奥様とのラブラブぶりが微笑ましい。 観ていて真剣にネルの将来を心配してしまった。 ハッピーエンドで、ホントに良かった。 ナターシャ・リチャードソンに合掌。

  • tak********

    3.0

    美しい

    純粋で美しい映画

  • まー

    5.0

    ジョディの好演

    羊たちの沈黙のせいで、サスペンス系のイメージが強くなってしまったジョディさんですが、この作品では難しい野生の女性?を熱演しています。裸のシーンなどもありますが、いやらしさなどは全く感じず、神秘的な美しさも感じます。コミュニケーションがとれない者同士が、ゆっくりと時間をかける事によって、通じ合っていく様が見事に描かれていました。対して文明社会は短絡的で、目先の事ばかりを考えて、どうしようもないな…と、いう事を隠喩しているような表現もあり、色々と考えさせられます。今、公開しても良い内容だと思います。ラストシーンの少女を見つめるジョディさんの無言の表情の演技は必見です。

  • max********

    5.0

    ネタバレ純粋さとは

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • goo********

    3.0

    ありきたりのコンセプト

    野生(女)児もの。社会のことを全然知らないけどそれはどちらが偉いのかというありきたりのコンセプトですこしうんざり。映画は丁寧、熱演でいいけど。  

  • oce********

    2.0

    これも上手すぎる

    山中の小屋で発見されたネル。 彼女は奇怪な言葉をしゃべり、外界から人を寄せ付けない。 その彼女を発見した医師は何とか接触を試みようとする。 製作にまで名を連ねているのだから、ジョディ・フォスターは相当な思い入れがあるのだろう。 だがしかし彼女は上手すぎた。 スター然とする者の隔絶されたとか、低所得な役柄はどうしても違和感が付きまとう。 スターが演じているだけとしか見えないのは辛い。 もっと中堅かあるいは新人が演じる役柄なのは明白。 最後の裁判での急すぎるネルの変化などとても納得はできない。

  • chi********

    5.0

    演技力

    ジョディの完璧な演技力。素晴らしい作品でした。

  • yuk********

    4.0

    他の誰でもない自分

    ジョディー・フォスターの考え方が好きだ。 『リトルマン・テイト』も良かったけど こちらもなかなか。 彼女自身がマイノリティーということもあるんだろう。 彼らに向けられる視線の暖かさが感じられる。 何が自分にとって本当の幸福か 解らずに死んでく人もたくさん居る。 自分は自分以外の何者でもなく 心に負った傷や優しい思い出も 全部含めてその人であり 誰かに決められるものではないし 誰かを決めるものでもない。 そのままそうしていればいい。 当たり前のことなのに実現しにくいのは 誰か他の人の価値観で生きているからかもしれない。

  • カッチン

    4.0

    さすがJ・フォスター

    最後は本当感動した。。。J・フォスターも体を張った体当たり演技! L・ニーソンも格好いいのですが、N・リチャードソンとの間は初めから読めてしまいました。結局最後のネルの涙はやるせない寂しさなのでしょうか?

  • mmy********

    4.0

    ジョディーフォスター渾身の作品

    ジョディーフォスターの思い入れ、女優魂を感じました。 見る前は、例えば、狼に育てられた少女の話を頭に浮かべ、 そんな感じなのかな?と思って当時見ました。 が、違った。とても反省。 他のレビュアーの方のコメントにもあるように、体当たりです。 ジョディーが小柄で華奢な体で、 全身全霊での表現、まっすぐな視線、 身振り手振りに、衝撃を受けました。 彼女の青い目や声の透明感。 ジョディーが通じない言語を一生懸命話すので、 この作品は、彼女の声のまま見て欲しい。

  • lov********

    5.0

    ネタバレジョディフォスターの体当たりの演技

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まお

    3.0

    静かな静かな進み方

    ジュディ・Fの作る側としての最初の作品としり 当時見ました インパクトなどないけど こんな映画を作りたいんだな~っていうのは、伝わりました 静かに静かに流れる映像 森の景色 自然の茶色の色のイメージが強い映画でした

1 ページ/1 ページ中