ここから本文です

ノスフェラトゥ (1978)

NOSFERATU: PHANTOM DER NACHT/NOSFERATU THE VAMPIRE/NOSFERATU - FANTOME DE LA NUIT

監督
ヴェルナー・ヘルツォーク
  • みたいムービー 25
  • みたログ 141

3.46 / 評価:48件

イザベル・アジャーニが観たかった。

  • taka さん
  • 2015年11月18日 22時55分
  • 閲覧数 906
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

イザベル・アジャーニが目当て。
日本で公開された彼女の出演作はほとんど見ているが、これは未見。
しかもヘルツォーク監督なので期待の1本。

雰囲気と配役はグッド!
でもノスフェラトウが思いのほか弱々しい。
小柄なハゲ爺さんって感じで、これなら襲われても勝てるような気がする。
イザベル扮するルーシーを襲うため、城を出るくだりがある。
ノスフェラトウが手下(?)に尋ねる。
「そこまではどれくらいかかるのか?」
「4週間です」
「やはり陸路は日数がかかるな」
だから当然、コウモリに変身して空を飛ぶと思っていたら、なんと「船」だった。びっくり。

作品は全編通して雰囲気はとてもいので退屈はしない水準だった。
シネ・ヌーヴォのヘルツォーク特集で鑑賞したため、パンフはない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ