ここから本文です

ノスフェラトゥ (1978)

NOSFERATU: PHANTOM DER NACHT/NOSFERATU THE VAMPIRE/NOSFERATU - FANTOME DE LA NUIT

監督
ヴェルナー・ヘルツォーク
  • みたいムービー 24
  • みたログ 140

3.46 / 評価:48件

表現主義の痛み分け

  • da5***** さん
  • 2017年11月19日 14時20分
  • 閲覧数 605
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

いくら血や肉が極上ガラス(ホラー)でも、背骨がプラスチック(ただの耽美的映画)だから、あまり怖くないんだよ。
これはこれで秀作だとはもちろん思う。だけど、クリストファー・リーの一連のサービス精神満載作が「まずは、観客を恐怖のどん底に突き落とす」というジョブに本当に本当に大真面目に徹してることを思えば、やっぱりこれはヘルツォークのマスターベーション(ズリネタはイザベルか……)にすぎないぜ。
でも、70年代の薄っぺらさを超越してる(21世紀にも通用する)映像美を否定まではできない俺は、美人に弱いってこと?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ