ここから本文です

バーディ (1984)

BIRDY

監督
アラン・パーカー
  • みたいムービー 218
  • みたログ 847

4.07 / 評価:327件

○いかにもカンヌ映画祭好みのこの結末。

  • あきとん さん
  • 2020年4月1日 1時14分
  • 閲覧数 498
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

30年以上前に見逃していた作品のひとつ。
ようやく今回、鑑賞する機会を得ました。

さて、この映画、果たして20歳代に見ていたら、果たして★5評価としたかは疑問。たぶん、「なんだこの結末は?」と若者らしい怒りも多少覚えてたかもしれない。
が、還暦近い年令になると、これもありか、と腹の中でニヤッと笑う余裕もでてくる。いい加減さやアバウトさが身についたからかもしれない。

映画は、親友ふたりの若き日々を見せつつ、伏線で、鳥になりたいという空想が異常値に近づく様子、ベトナム戦争の過酷な後遺症が描かれる。その展開の中での「あのラスト」であるので、観客の好悪は真っ二つになると思う。

映画のラストをスパッとキメる手法は、Aパーカー監督の他の作品にも見受けられる。ヒットした「フェーム Fame (1980年)」なんかも、そのひとつでとても爽快な締めくくりだった。。

同時期の作品群には、
ダウンタウン物語 Bugsy Malone (1976年)
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express (1978年)
フェーム Fame (1980年)
エンゼル・ハート Angel Heart(1987年)
ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning (1988年)
なんかもあって、個人的には大好きな監督のひとりです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ