レビュー一覧に戻る
ハードネス

ハードネス

NO CONTEST

98

toy********

2.0

★ハードネス★

レビューが少なく、また観たい人もいないようなので、恐縮ですが…… テロリストVS女性1人という、正に「女性アマゾネス」の男顔負けのアクション映画だった 高層ホテルで行われていた“ミス・コンテスト”の会場に、武装テロリスト集団が乱入したところからストーリーは、始まる。審査結果が発表されたその時、会場内では、次々とスタッフが、武装テロリスト集団に襲われ、射殺されていく。会場は一瞬の内に、武装テロリスト集団の支配下に置かれてしまう。 ミス・コンテスト達も、爆弾の指輪をかませられ、逃げられない。そんな状況の中で、ミス・コンテストのシャロン・ベル(シャノン・トゥイード)だけが、冷静に行動し、可鍛にテロリスト集団と渡り合う。シャロン・ベルが、テロリストの仲間の一人をプールに誘い込み、倒し、腕輪の爆破装置を警察と交信して、爆発を止めるシーンは、スリリングな展開だった。だが彼女に、忍び寄るテロリストたち~★ 息詰まる死闘は、手に汗握るほど凄まじく、シャロン・ベルもテロリスト集団に一歩も引けを取らない姿は、強靭な男性を思わせるほど、堂に入っている。ラストでの警察との銃撃戦でも、彼女の活躍が目立ち、どっちが戦っているのか!?判らないほど凄かった!! ストーリー性としては、B級映画と言うところか?? シャノン・トゥイードのアクションが、凄く迫真に迫る演技で、全体を盛り上げていた感じがした。。

閲覧数395