ハートブルー

POINT BREAK

121
ハートブルー
4.0

/ 459

34%
40%
20%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(93件)

かっこいい26.0%勇敢16.0%スペクタクル8.4%セクシー8.0%切ない8.0%

  • ikk********

    4.0

    優れた味付け

    エンドロールで流れる「Nobody Rides For Free」この曲を最後に解散してしまったRATTが好きなので、もう一度観ることにしました。 「全ての食品を砂糖抜きで摂れ。丈夫な心臓を維持してもらう」 ---上司のセリフです。甘いもの好きなので気を付けよう。そう思いながらスタート。  前半はサーフィンはもちろん、リーダー : パトリック・スウェイジを中心に砂浜で遊んだり恋愛あったりで、潜入捜査とはいえ殆ど青春映画と言っていいノリ。ちょっと長い場面かな。私が観たDVDは画面サイズが小さかったので、波の迫力とか感じにくかったのが残念。  中盤。覆面P.スウェイジとの走るわ、走るわのアクション・シーン、そしてスカイダイビングはなかなか見応えあった。  後半。なぜ銃を置いてから飛んだのか・・・K.リーヴスに情があったのか、良心が残っていたのか、もう必要ないからか不明だが、前半からP.スウェイジは「優しい悪党」て感じで何か付いて行きたくなる人でした。そしてキアヌの良き理解者の先輩、可哀そう・・・絶対そう思うはずです! この映画は、冷静に考えれば大したことない話しを海・空・恋愛・覆面...と絶妙な味付けが色々あることで、観てて飽きが来ない。ここが一番の優れた点だったと思う。  現在も活躍するキアヌ・リーヴスにおいて、この作品での様々な役柄が演技の幅を、可能性を拡げたように思える。

  • saw********

    4.0

    キアヌの隠れた最高傑作

    キアヌがまだ日本ではブレイク前だったため、「ゴースト」で認知されてたパトリック・スウェイジのほうが日本ではフィーチャーされてたけど。 サーフィンやらスカイダイビングやら、若さ溢れるオシャレな趣味を美しく映像にしてる事が売りだった面もあるようだが、僕にはそんなのはどうでも良い。 普通に脚本が面白い。 特に上手く演出されてると感じた脚本の場面として、 トム・サイズモアが登場する場面のエピソードや、 後半にキアヌも強盗に入った際に、非番の警官が居合わせてる展開。 それぞれ、その場面にだけ登場するキャラなんだけど、 盛大に物語を面白くしてくれてる。 特に後者の非番警官なんて、演じてる役者も知らんし、誰やねんって感じなのに、主人公並みに頑張るやん!w キアヌ頼りな作品ではないので、キアヌファンには印象が違うかもしれないが、 作品としてはキアヌ出演の物の中で最高傑作だと思う。 ちなみにリメイク版はXスポーツの凄さだけ描いてる超駄作。

  • jun********

    4.0

    Xスポーツの概念が生まれるきっかけ

    Xスポーツの概念が生まれるきっかけにいなる映画でした。私には。 映画館の会員特典だったのでとくに選んでみた映画ではなかったけれども 見ごたえがあった。 期待しなかった分なおさら。

  • ko_********

    4.0

    サーフィン、スカイダイビングと楽しめる

    サーフィン、銀行強盗でのアクション、スカイダイビング、 ジョニーとボディとの関係性など見所は沢山あり楽しめる。 しかしストーリー中での無謀さも多々あった。 好きな女性を守る為、FBIなのに銀行強盗に加担して、死人まで出て良き上司のパパスも殺される始末。 さらにラストでは50年に一度のビッグウェーブに乗りたい犯人を逃してしまうなど、ツッコミ所は沢山あった。しかし、その辺は単純に娯楽映画として捉えれば十分楽しめた。 また、若かりし頃のキアヌリーブスが誰かに似ているとずっと思っていたが、 リオ五輪で陸上400mリレーで銀メダルを獲得した飯塚翔太に似ていると思った。また個人的な感想だが、悪役のボディをパトリックスウェイジが演じたが、「ゴースト」の印象が強いせいかあまり悪役は似合わないと思った。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレC・ピグローの臨場感たっぷりの映像!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ハートブルー

原題
POINT BREAK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-