ハードロック・ハイジャック
3.4

/ 61

11%
36%
38%
8%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(15件)


  • kzz********

    4.0

    アホなコメディ

    アホな(いい意味で)ドタバタコメディです。 アホなバンドが、ラジオ局をジャックしてしまい、立て籠もって自分達の曲をかけろと要求。 出てくる人間、アホばっかりww バンドメンバー全員アホ(でもキャラ立ちしてて憎めない)、彼女もアホ、ラジオ局DJもアホ、警察もアホ。 真面目に、見てはいけません 一応音楽物ですが、期待してはいけません。 アホなドタバタコメディ。 ヴァン・ヘイレンとデヴィッド・リー・ロスねたは笑いましたね。

  • taf********

    2.0

    ネタバレつまらない理由。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    3.0

    地上波にて鑑賞(深夜)

    アダム・サンドラーが痩せてる... アダム・サンドラー=太ってるイメージが定着してるので、なんだか痩せてるアダム・サンドラーに違和感を感じました(笑) ブレンダン・フレイザーって結構背が結構高いんですね。ブレンダン・フレイザーが大きすぎるせいか、スティーヴブシェミとアダムサンドラーがやけに小さく観えました。 ストーリーはありえない展開だけど映画としてそれなりに楽しめました。

  • aiz********

    4.0

    楽しめた(笑)

    お馬鹿過ぎ(笑) 面白かったよ。 コメディ映画も良いもんだなぁって思った。

  • oce********

    2.0

    本当にロック好きなの?

    これを見てロックを愛しているのか疑問になってしまう。 売れない無名ロックバンド。 何とか自分たちの曲をかけるためラジオジャックを敢行。 その模様がONAIRされて、ラジオ局前には警官や野次馬が大挙することに。 どう見ても緩く、成功しそうにないラジオジャック。 これは3人のバンドマンのキャラを生かせていない。 フレイザーにアダム・サンドラー。そしてスティーブ・ブシェーミ。 これだけ個性のあるキャラで笑いが少量というのはいかがなものか。 特にブシェーミが普通すぎるというのは完全にミスだ。 最後の展開は分かっていたが、なぜしっかりとバンドの曲を聴かせないのか。 こういう状況ならロックを聴かせて締めじゃないと肩透かしを食らわされたようなものだ。 こうなるとロックを聴かせたいのか。単なるドタバタを見せたいのか。よく分からない映画だった。

  • eb9********

    4.0

    アメリカ!

    売れないバンドがラジオ局を占拠した!おフザケが転がりいつの間にか大事件。 アメリカ映画にありがちなサクセスストーリーが痛快! 邦題のハイジャックってなんだったの!? このB級映画にはアメリカらしさの全てが詰まっている! と言っても過言ではありません。 まともな人が基本的に出てこない。全員アメリカ的バカ。 でもアツい、そして最終的には大成功! 単にロックだ!というイメージだけでキャラクターが作られた好例です。 主役のルックスがいいのでなんとなくデビット・リー・ロス的な感じで説得力が無いでも無い。 何よりレディオヘッドとかシガー・ロス聞いて内向的で陰鬱な感じの人に是非見て、ハードロックに少しでも興味を持ってもらえばいい映画だと思いました。

  • aok********

    4.0

    ネタバレダラダラと笑いたい時に観たくなる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hsq********

    4.0

    緩すぎて最高

    この映画を見たときは、単に真ん中のブレンダン・フレイザーを見たいだけだったんだけど、よく考えたらこの3人、むちゃくちゃ豪華ですよ!左がアダム・サンドラー、右がスティーブ・ブシェミ。 彼らが3人集まって映画を作れば、そりゃ当然極上のB級映画になるわけで(笑) ストーリーからしてB級っぽさが炸裂なんだけど^-^;; 内容はバカです。アホです ̄▽ ̄ この3人組、やることしゃべることすべてがアホなんだけど、なぜか憎めない。それは映画の中の3人が本気でやっちゃってるからかな。ブレンダンくんなんか、おなかもプクッと出てて全然ヘビメタらしくないんだけど(他の二人も全然ヘビメタっぽく見えませんが)それで、「俺たちの音楽が!」なんて力説するもんだから、自然と頬が緩んで笑ってしまう。 思わず「あほだ」とつぶやきながら笑ってしまっている、というような内容と展開。ヘビメタなのに、『ハードロック』なのに、本人たちのオツムがゆるゆるなんだから、そのギャップだけで笑えますよ♪ 「ハムナプトラ」のブレンダンくんしか知らない人は、彼は実はこういう映画でこそ本領発揮するということを見てもらいたいです。

  • tor********

    4.0

    映画ファンより音楽ファンに

    音楽バカの私。タイトルだけで観てしまった。ところが大正解、おもしろかった。あくまでB級であり万人ウケするとは思わないけど、映画ファンより音楽ファン、ロックファンにおすすめしたい。特に“昔バンドやってました”的な人達は「そんなワケあるかい!」とツッコミをいれつつも、音楽ネタ・業界ネタに笑いながら、ちょっぴり羨ましく思えるのでは。ただし、タイトルにハードロックと謳いつつもオリジナル曲が全然ハードロックじゃないのは残念。

  • sas********

    3.0

    理屈なんていらない

    地味だけど、面白かったです。 映画というよりも、ホームコメディに近いかな。 特別映像とかに凝ってるわけでもないし、音楽をテーマにしたコメディなのに音質もさほど良くはない。 放送局をジャックして、ピザを注文した時に警官がピザ屋に扮装して潜入しようとするのですが、犯人が「ヴァンヘイレンとデイヴリーロスのどちらの言い分が正しいか?」と尋ねた時に「ヴァンヘイレン」と応えた瞬間、「お前は警官だな」と言った下りは最高に笑えました。 エディーファンの方へ、悪気はありません。シャレですからw サミーヘイガーも勿論好きですよ、私は。 B級映画バンザイ!

  • gre********

    5.0

    ネタバレハードロック・ハイジャック

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • roc********

    5.0

    ほがらかで、のほほんとしたハイジャック

    アダムサンドラーが大好きで借りた作品。 1994年ですか。みんな若いな~。 スティーブブシェミの長髪やアダムサンドラーのあどけなさ、 最近の映画からするとビックリ! 内容は分かりやすく、ハイジャックってなってるけど 全くクライムアクション的な要素も無く かといって彼らが上手に演奏するシーンもほぼ皆無で、 純粋に生ぬるいハイジャックのような形になってます。 分かりやすくて、それぞれが良い演技してて笑えましたし ぜひ一度見てください。

  • ms1********

    3.0

    すてきな3にんぐみ

    という絵本がある。アニメにもなった。 黒いマントに黒いぼうしの、こわーい泥棒三人組のおはなし。 三人組は次々と馬車を襲い、奪った財宝をかくれがに溜め込む。 ある夜、三人組が襲った馬車に乗っていたのは、みなしごのティファニーちゃんだけ。 いじわるなおばさんに引き取られるならこの三人組の方がおもしろそう!と隠れ家に行く。 宝の山を見てティファニーちゃんが言う。 「これ、どうするの?」 ここからおはなしは意外な方向へ。 宝集めに夢中だった三人組の大盗賊が、全国の孤児を集め、お城をプレゼント。 っていう物語。 さてこの映画にもすてきな3人組が登場する。 『ハムナプトラ』シリーズ、『悪いことしましョ!』のコメディ、『きっと忘れない』の青春ドラマ等、幅広い演技をこなすブレンダン・フレイザー。 『Mr.ディーズ』などのコメディ、『50回目のファーストキス』などのラブストーリー、最近では『再開の街で』のシリアスドラマにも出演した演技派、アダム・サンドラー。 『コン・エアー』『アルマゲドン』等に出演し、一度観たら忘れられないほどのインパクトを持つ個性派俳優、スティーブ・ブシェミ。 この3人が集まって、つまらなくなるわけはない! 彼らは売れないロックバンド、その名も『ザ・ローン・レンジャーズ』 『ローン』(一人)なのに複数形になるのはおかしいのだけれど、そんなことはどうでもいい。 何とか自分たちの曲を売り出そうと、彼らはおもちゃの銃(水鉄砲・ペッパースプレー)を手に放送局をジャックした! 曲を流そうとするが、トラブルに継ぐトラブルでなかなか思うようにいかない。 警察に囲まれるわSWATは出動するわ野次馬が何百人も集まるわで、現場は混乱していく。 さて、彼らは曲を流せるのか? どうなるかは観てのお楽しみ。 3人とも、本当に個性的。彼らを観るだけで、この映画には価値がある。 オチもよかった。 うーん、点数に困るな。 ☆三つだと、『モブ・ザ・ギャング』と同じになってしまうのだが、☆四つというほどでもないなあ。 一応、☆三つにしとくけど、四に近い三だ。 ところで、「すてきな3にんぐみ」といえば、先日私のファンリストに3人のレビュアーが登録した。といっても、明らかに一人なんだけど。 で、そのレビュアー名を並べると、 「みんな、こいつのレビューはかなりキモい」 となる。 一度消えたのだが、今度は別の名前で登録し、 「この方のレビューはすごく気持ち悪い」 と、現在はなっている。もしよかったら、私のファンリストを見るといい。3人が並んで登録してるから。 さらに丁寧なことに、わざわざ私の書いたレビューの次に投稿し、私のレビューが「役に立たない」とか「つまらない」とか日本語になっていない稚拙な文章で言ってくれている。 さて、次はどんな名前で登録するのだろう。 「こいつのレビューはキモイから書かないで欲しい」かな? それとも 「こいつのレビューは読む価値なし」とか? ちょっと趣向を変えて、 「こいつのMyムービーは腐っている」とか? きっと私の及びつかない、素晴らしいセンスの名前で登録してくれるのだろうな。 楽しみにしているよ。 これからも私のために、無駄な労力を使ってくれ。

  • toy********

    4.0

    ★ハードロック・ハイジャック☆

    ストーリーは、冴えないアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組。自分たちの曲をどうしてもラジオでかけたくて、思わずラジオ局そのものをジャックしてしまう。 彼らは売れないロックバンド、その名も『ザ・ローン・レンジャーズ』 『ローン』(一人)なのに複数形になるのはおかしいのだけれど、そんなことはどうでもいい。。 ディスクジョツキーは、オープンテープを掛けるが、そのテープが弛んでしまい、途中で止まってしまう。運悪く火で、テープが焼かれ、オジヤンに!? オープンテープの時代だから、古いなぁ~ 3人は捕まるのが嫌で、相談するが!?初めは軽い冗談のつもりで、ラジオ局を襲ったが警察やSWATまで出動してしまい、事態は彼らを置いてどんどん大ゴトに……。 「人質を楯に取った!」とディレクターが、警察に連絡をしたために、警察やSWATまで出動してしまう始末。アマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組の一人が、コピーテープを彼女が持っていることを知り、「彼女から、コピーテープを持って放送して欲しい!」 と、警察に要求内容を伝える。警察は「写真とコピーテープを用意する。」約束をする。 そしてアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組は、強盗団のような真似をし、バカふざけをする。事態は彼らを置いてどんどん悪い方向へ。そうとも知らないアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組は、局内にある多数のテープやチケットに酔いしれる。そこには、Tシャツもあり喜ぶ!(^.^) 局内のテレビでは、売れないロックシンガーが、ハイジャックをしていると報道されていた。ディスクジョッキーでロックを掛けるアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組‥‥ それによって「つまらない曲」と彼女が捨てたコピーテープは、音の振動で車の下にある コピーテープは、潰されめちゃめちゃに。(笑) 警察からコピーテープを聞かれた彼女は、捨てられた汚れたテーオウを拾って、車で持って行く。(-_-;) ディレクターに、ロックンロールを掛けさせ、アマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組とそれを聞いている聴衆は“お祭り騒ぎ” チケットを配るアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組の一人。それに群がる群衆(^^♪ オマヌケ3人組が繰り広げるドタバタ・コメディ…アダム・サンドラーのボケぶりが特に可笑しい。(笑) また水鉄砲の銃で、人質を拘束していたとは!?(笑) レコード会社の重役も見え、何が難だがわからない!?(笑) そしてめでたく、レコード会社と契約サインを取り交わすが?嘘を付いていると思い契約破棄をしたり、最終的に契約に合意する。レコード会社の思う壺に嵌まるオマヌケ3人組 『ザ・ローン・レンジャーズ』の3人組は、有名になるが、3ヶ月の服役“罪状は、誘拐罪”で“監獄ロック”をやる羽目に~★ 思わず「あほだ」とつぶやきながら笑ってしまっている。というような内容と展開。ヘビメタなのに『ハードロック』なのに、本人たちのオツムがゆるゆるなんだから、そのギャップだけで笑えますよ♪

  • トト太郎

    3.0

    ハードロック・ハイジャック

     ちょっとしたアメリカンコメディーを交えながら、熱いロック魂を描いた映画。ハチャメチャな展開の映画で、キャラクターもアニメのタッチに描かれており、漫画を読んでいるかのよう。  実際にこんなやりかたで立て篭もったら速攻で捕まるんだろうケド、ロック魂があれば警察は寛大なんだね、、としかいいようがないかな。

1 ページ/1 ページ中