ここから本文です

ハードロック・ハイジャック (1994)

AIRHEADS

監督
マイケル・レーマン
  • みたいムービー 25
  • みたログ 260

3.38 / 評価:61件

★ハードロック・ハイジャック☆

  • toy******** さん
  • 2008年4月5日 17時57分
  • 閲覧数 424
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーは、冴えないアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組。自分たちの曲をどうしてもラジオでかけたくて、思わずラジオ局そのものをジャックしてしまう。

彼らは売れないロックバンド、その名も『ザ・ローン・レンジャーズ』
『ローン』(一人)なのに複数形になるのはおかしいのだけれど、そんなことはどうでもいい。。

ディスクジョツキーは、オープンテープを掛けるが、そのテープが弛んでしまい、途中で止まってしまう。運悪く火で、テープが焼かれ、オジヤンに!?
オープンテープの時代だから、古いなぁ~

3人は捕まるのが嫌で、相談するが!?初めは軽い冗談のつもりで、ラジオ局を襲ったが警察やSWATまで出動してしまい、事態は彼らを置いてどんどん大ゴトに……。

「人質を楯に取った!」とディレクターが、警察に連絡をしたために、警察やSWATまで出動してしまう始末。アマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組の一人が、コピーテープを彼女が持っていることを知り、「彼女から、コピーテープを持って放送して欲しい!」
と、警察に要求内容を伝える。警察は「写真とコピーテープを用意する。」約束をする。

そしてアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組は、強盗団のような真似をし、バカふざけをする。事態は彼らを置いてどんどん悪い方向へ。そうとも知らないアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組は、局内にある多数のテープやチケットに酔いしれる。そこには、Tシャツもあり喜ぶ!(^.^)

局内のテレビでは、売れないロックシンガーが、ハイジャックをしていると報道されていた。ディスクジョッキーでロックを掛けるアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組‥‥

それによって「つまらない曲」と彼女が捨てたコピーテープは、音の振動で車の下にある
コピーテープは、潰されめちゃめちゃに。(笑)

警察からコピーテープを聞かれた彼女は、捨てられた汚れたテーオウを拾って、車で持って行く。(-_-;)

ディレクターに、ロックンロールを掛けさせ、アマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組とそれを聞いている聴衆は“お祭り騒ぎ”

チケットを配るアマチュア・ヘビメタ・バンドの3人組の一人。それに群がる群衆(^^♪
オマヌケ3人組が繰り広げるドタバタ・コメディ…アダム・サンドラーのボケぶりが特に可笑しい。(笑)

また水鉄砲の銃で、人質を拘束していたとは!?(笑)
レコード会社の重役も見え、何が難だがわからない!?(笑)
そしてめでたく、レコード会社と契約サインを取り交わすが?嘘を付いていると思い契約破棄をしたり、最終的に契約に合意する。レコード会社の思う壺に嵌まるオマヌケ3人組

『ザ・ローン・レンジャーズ』の3人組は、有名になるが、3ヶ月の服役“罪状は、誘拐罪”で“監獄ロック”をやる羽目に~★

思わず「あほだ」とつぶやきながら笑ってしまっている。というような内容と展開。ヘビメタなのに『ハードロック』なのに、本人たちのオツムがゆるゆるなんだから、そのギャップだけで笑えますよ♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 不思議
  • パニック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ