レビュー一覧に戻る
バートン・フィンク

エル・オレンス

3.0

ネタバレパルム・ドール獲るほどの映画か疑問。

カンヌ初の主要3冠を受賞とのことで、期待を膨らませて観た分、すごい肩透かし食らいました。 脚本が純粋に面白くないです。世界観にイマイチ入り込めなかった感じ。 海と美女の絵画、はがれる壁紙、箱の中身etc..色々消化不良でした。 ホテル廊下の各入口にずらーっと置かれた靴とか、終盤の炎の襲撃とか、映像面でのインパクトには長けていましたが。 まぁ他のレビュー見ている限り、「名作」と「駄作」に思いっきり感想が分かれるタイプの映画なんでしょう。 あと、ジョン・タトゥーロ、ジョン・グッドマン、スティーブ・ブシェーミと、コーエン映画の常連が集結しているので、ファンは必見だと思います。 ===================================== ★1991年カンヌ国際映画祭 3部門受賞 パルム・ドール、監督賞、男優賞(ジョン・タトゥーロ)

閲覧数951