ハーパー探偵シリーズ/新・動く標的
3.0

/ 31

13%
19%
39%
16%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(8件)

かっこいい22.2%知的16.7%セクシー11.1%勇敢11.1%パニック11.1%

  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    「更正施設けやき荘概要最新版」https://dfghgghjkkjjhjkljhjk.livedoor.blog/archives/17172514.html#more 事業団のホームページのURLは↓ https://tswa-swc.or.jp/ 「更生施設けやき荘で受けた酷い扱い」に関してのブログ↓ https://hjglaz224444.livedoor.blog/

  • ech********

    4.0

    カッコいいニューマン君を観る映画

    前作同様にサスペンスやプロットはまずまず、とにかくニューマン君を観る作品です。 ただ、ニューマン君はイマイチハードボイルドの雰囲気ないんだなあー、人間臭いから。 固ゆでならボガード君が出色だけど、同世代ならマック君とかイースト君の方が向いてるかも。 あと、まさかのワーキングガール、出始めの頃の勇姿に結構うれしかった。

  • 一人旅

    4.0

    水治療室からの脱出劇は圧巻

    スチュアート・ローゼンバーグ監督作。 米国人作家:ロス・マクドナルドによる1949年発表の同名小説を映画化した1966年制作『動く標的』の9年ぶりの続編で、今回はマクドナルドが1950年に発表したシリーズ第2作「魔のプール」を原作としています。 腕利きの私立探偵:ルー・ハーパーがとある資産家一族に起きた殺人事件の謎に挑むという探偵ミステリーで、一族が所有する土地を巡る石油利権や家族同士の愛憎を絡めた二転三転の展開で魅了してくれる正統派のサスペンスミステリーとなっています。「魔のプール」という原作タイトルの通り、プール(正確には水治療室)からの脱出劇が最大の見せ場で、大量の水を使ったスペクタクルなトリックに目を見張ります。 主演は前作に引き続きポール・ニューマンで、依頼主の女性をニューマンの妻であるジョアン・ウッドワードが演じた夫婦共演作でもあります。依頼主の奔放な一人娘を当時18歳のメラニー・グリフィスがコケティッシュに演じていることにも注目です。

  • グッチけいぞう

    3.0

    ニューマンのための映画

    中年過ぎになってもカッコいいニューマンが ハマり役。ロサンゼルスの探偵がニューオリンズで孤軍奮闘する姿もいい。 原題は「溺れるプール」だが、これが出てくる場面展開はなかなか独創性がある唯一のアクションになっている。利権なのか愛憎なのかが意外なプロットになっている。

  • じぇろにも

    3.0

    莫大な石油の権利

    過保護の父親

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ハーパー探偵シリーズ/新・動く標的

原題
THE DROWNING POOL

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル