ここから本文です

ハーヴェイ・ミルク (1984)

THE TIMES OF HARVEY MILK

監督
ロバート・エプスタイン
リチャード・シュミーセン
  • みたいムービー 45
  • みたログ 129

4.29 / 評価:31件

様々な問題を提起する

  • abu***** さん
  • 2013年8月2日 12時49分
  • 閲覧数 816
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画はたくさんの難しい問題を提起してくれた。
ハーヴェイ・ミルクはマイノリティの先頭に立って、
発言を、自由を、堂々と生きられる社会を訴えた。
けれど、キリスト教、特に原理主義の場合は、
ゲイは不自然だからと言って否定する動きがある。
だから牧師さんなんかが声を上げてゲイ撲滅を訴えると、
もうみんな凝り固まっちゃう。
ダン・ホワイトが捕まっても、不当な裁判結果が下される。
陪審員制度が抱える問題、白人至上主義の問題。
色々な問題がぎゅっと詰まって提示されている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ