ここから本文です

ハーレーダビッドソン&マルボロマン (1991)

HARLEY DAVIDSON AND THE MARLBORO MAN

監督
サイモン・ウィンサー
  • みたいムービー 14
  • みたログ 354

3.48 / 評価:83件

Vaya con dios amigo.

  • xxp***** さん
  • 2014年7月19日 4時06分
  • 閲覧数 796
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

オープニングでハーレーがタバコを吸い、革ジャンを着て、バイクのエンジンをかけ、夜の街に疾走していく。しばらく走ってガスを入れにコンビニに行き、強盗とやり合う。
ここまでのシーンが凄くかっこよくて、何度見たかわからない程です。オープニングのBon Joviもやばいですね。 I wanted wanted dead or alive!
この映画を見るとバイクに乗りたくなります。
最初ジャックと酒場で喧嘩する時、ホゼイがVaya con dios amigo(Go with god) と励ましてくれるんですが、エンディングでハーレーがマルボロと別れる時この言葉を言って去って行く所が渋いですね。
そして行くあてが決まってない女の子を、「そこに連れてってやるよ」と言って2ケツ(ハーレーのバイクはシングルシートのさらにベリーショートテール、そこに足を絡めて乗る)して田舎の道を爆音で疾駆していく。このシーンは泣けます。
こういうふうにしか生きられない、結婚なんてがらじゃない、こういった生き方もあるんだと教えてくれた、ある意味ハーレーは自分のロールモデルでもある。そんな映画ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ