レビュー一覧に戻る
バイキング

バイキング

THE VIKINGS

114

kak********

4.0

海戦より城攻めの迫力が勝った海賊の物語!

「スパルタカス」と同じく、カーク・ダグラスが製作総指揮兼主役のスペクタクル映画。 物語は、8世紀から10世紀にかけて活躍した”海賊”を描きながら、ちょっぴりロマンスも加わり、テンポ良く進行する。 主役のカーク・ダグラスは数々の映画に出演している大スターだが、初期の頃の作品ではジェームズ・メイソンと共演の「海底二万哩」が印象的。 共演のトニー・カーティスは、ジャック・レモンやマリリン・モンローと共演の「お熱いのがお好き」や、バート・ランカスターと共演の「空中ブランコ」などで存在感を示している。 他では、「マーティ」でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の主演男優賞を獲得したアーネスト・ボーグナインや、アルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」でのシャワーシーンが有名なジャネット・リーが持ち味を発揮している。 しかし、この時代の戦いは船に羅針盤もない頃で、あまりスケールの大きさに期待しすぎると、物足りなさが生じるかもしれない。 監督は、「ミクロの決死圏」や「ソイレント・グリーン」を手掛けたリチャード・フライシャー。海の戦いはもちろんであるが陸に上がった戦いぶりも見所で、北欧の海を轟かせたバイキングの世界を堪能できる作品に仕上がっている。

閲覧数400